Jリーグは9月12日に、J1第28節の2試合を開催。パナソニックスタジアム吹田では、G大阪対ベガルタ仙台の一戦が行なわれ、3-2で仙台が勝利を収めた。

 試合は、G大阪が主導権を握る展開に。立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せて決定機に絡んでいた小野裕二が、16分に負傷するアクシデントに見舞われたが、その後も多彩な攻撃パターンから好機を創出する。

 しかし、フィニッシュの精度を欠いて決め切れずにいると、先制点を奪ったのはアウェーの仙台だった。37分、右サイドの蜂須賀孝治からのクロスに、富樫敬真がヘディングで合わせてネットを揺らす。

 直後の39分に、G大阪はカウンターから、ペナルティエリア左に侵入した藤春廣輝のクロスを矢島慎也が頭で押し込み、すぐさま同点に追いつくも、その3分後に仙台が追加点。右サイドの敵陣深くで得たFKのクロスを、またしても富樫が頭で決める。
 
 短時間で目まぐるしくスコアが動き、仙台が1点をリードして折り返した後半もG大阪は攻勢を緩めず。60分に獲得したPKをパトリックが冷静に沈め、ふたたび同点とする。

 それでも、諦めない仙台は79分。途中出場した西村拓真が、ペナルティエリア左から強烈なミドルをゴール右に突き刺し、勝ち越し弾。この得点が決勝ゴールとなり、3-2で勝利した仙台が降格圏脱出へ向け、価値ある12試合ぶりの白星を収めた。

 次戦は18日にともにアウェーで、G大阪は鹿島アントラーズと、仙台は清水エスパルスと29節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第28節PHOTO】G大阪2-3仙台|途中出場の西村が決勝ゴール!乱打戦を制して12戦ぶりの白星!

【PHOTO】打点の高いヘディングから2ゴール!勝利に大きく貢献した富樫敬真!

【動画】カウンターから仙台・西村拓真が決勝弾! 強烈なミドルをゴール右に突き刺す!