[J1第29節]鳥栖0-0大分/9月18日/駅前不動産スタジアム

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6
ラストパスやシュートの精度を欠き、ゴールが遠かったものの、ボールを支配し、鳥栖のサッカーを表現した。

【鳥栖|採点・寸評】
GK
40 朴 一圭 6
大分のシュートはCKの流れから打たれた下田の1本だけで、これを確実に処理。高い位置でビルドアップに貢献した。

DF
37 小泉 慶 5.5(71分OUT)
ポゼッションに貢献しつつ前に出ていくが、もっとできたはず。56分には左足のシュートを放つもGKに防がれる。

DF
20 ファン・ソッコ 6(80分OUT)
対人プレーの強さを出して守るだけでなく、ビルドアップでも存在感を示していた。

DF
3 エドゥアルド 5.5
キックの精度は高く、チャンスメイク。ただ、ちょっと軽い対応をしてピンチにつながりそうな場面が散見された。

DF
31 大畑歩夢 5.5(88分OUT)
守備は無難にこなした。攻撃では高い位置を取る場面はあったが効果的な攻撃にはつながらず。
 
MF
13 白崎凌兵 6
バイタルエリアで起点となる動きが光る。もっとも42分、ペナルティエリア内でボールを受け、マークを外して右足を振ったがGKに防がれる。

MF
10 樋口雄太 5.5
カバーリングの守備が光った。だが、積極的に狙ったミドルは枠には飛ばず。

MF
44 仙頭啓矢 5.5
ボランチの位置まで落ちて攻撃をリードする。一方、ゴール前でチャンスを迎えるがシュートの精度を欠いた。

【鳥栖×大分ハイライト動画】見応え十分のスコアレスドロー
 
MF
7 中野嘉大 5.5
サイドに張るだけでなく、中央に入り込み、前線に好パスを供給する場面もあったがゴールは奪えず。

MF
22 小屋松知哉 6(71分OUT)
前後半に1回ずつゴールネットを揺らしたが、ハンドなどの判定で認められず、ツキがなかった試合だった。

FW
15 酒井宣福 6
ゴールにこそつながらなかったが、相手の背後を狙う動き出しなどは悪くなく、大分に守備の的を絞らせなかった。
 
途中出場
FW
9 山下敬大 5.5(71分IN)
前線からのプレッシングに走るもシュートなしは、ゴールを期待されていただけに寂しい。

MF
24 飯野七聖 5.5(71分IN)
縦への仕掛けで右サイドの攻撃を活性化させた。しかし79分、酒井のクロスに右足を振り抜くも決められず。

DF
4 島川俊郎 ―(80分IN)
大きなミスもなく、失点をしないという与えられた役割を確実にこなした。

DF
47 中野伸哉 ―(88分IN)
特に目立った仕事はなかったが、高い位置を取りながら守備でも対応していた。

監督
金 明輝 5.5
試合運び、ゲームメイクについては問題なし。チャンスが作れていただけに交代策が若干遅くなったか?
 
[J1第29節]鳥栖0-0大分/9月18日/駅前不動産スタジアム

【チーム採点・寸評】
大分 5.5
途中から受けに回るも粘り強く守備を続けてスコアレスドローに終わる。前半こそ良い試合の入りをしたが……。

【大分|採点・寸評】
MAN OF THE MATCH
GK
1 高木 駿 6
11分、小屋松と入れ替わられるも相手のハンドに助けられる。それ以外は16分の酒井、42分の白崎のシュートを防ぐなど集中して守った。

DF
2 香川勇気 5.5
左の中継役になりながら、守備でも地味に対応を続けて鳥栖に決定機を作らせなかった。攻撃面は物足りず。

DF
3 三竿雄斗 6
前半終了間際、チャンスで相手DFの背後を狙う動きを見せたがパスが合わず。63分には酒井のシュートを防ぐ。

DF
14 エンリケ・トレヴィザン 6
ビルドアップに関しては特筆するパスは少なかったが、クロスなどを確実に跳ね返してゴール前に君臨した。
 
DF
15 小出悠太 5.5(90+4分OUT)
右サイドで上下動を繰り返しながらチャンスメイクしようとするが決定機にはつなげられず。

DF
41 刀根亮輔 6
鳥栖の左サイドから入ってくる選手に対して、守備での強さを発揮して自由を与えなかった。

DF
49 羽田健人 5.5
仙頭にプレッシャーをかける動きを続ける。ただ、もう少し攻撃で存在感を見せられれば良かった。
 
MF
11 下田北斗 6
前半、白崎にバイタルエリアで起点を作られる場面が目立つ。一方、攻撃のタクトを振り、チームをコントロールした。

MF
25 小林成豪 5(64分OUT)
守備ではプレスに走ったが、攻撃時に前線でボールに関わる場面が少なく、存在感を示せなかった。

FW
16 渡邉新太 5.5(64分OUT)
ボールにしっかりと絡みながら攻撃のアクセントになろうとした点は評価できる。しかしシュートにはつながらず。

FW
20 長沢 駿 5.5(61分OUT)
ロングボールのターゲットになりながら、43分にはCKのこぼれ球に反応した小屋松のシュートを防ぐ守備を見せた。だが期待された得点はなし。
 
途中出場
FW
13 伊佐耕平 5.5(61分IN)
プレスバックの守備は悪くなかった。77分、ゴール前でチャンスを迎えるもボールが足につかずシュートを打てなかった。

MF
8 町田也真人 6(64分IN)
中盤で積極的に動き回って攻撃を活性化させる。77分のスルーパスなど光るプレーがあった。

FW
10 野村直輝 5.5(64分IN)
ゴールを挙げるために投入され、前線にボールを引き出そうとしたが効果的なプレーは少なかった。

MF
39 増山朝陽 ―(90+4分IN)
投入された直後に右サイドからチャンスメイクし、CKのチャンスにつなげた。

監督
片野坂知宏 5.5
ボールを支配される時間は長かったがプレスとブロックを使い分けた守備は悪くなかった。ただ攻撃でシュートにつながらなかったのは残念。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●荒木英喜