[J1第29節]鹿島3-1G大阪/9月18日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 7
公式戦3連敗、しかも無得点という悪い流れを払拭すべく、闘魂注入。前節からスタメン4人を入れ替えて臨んだ一戦は、前半こそ相手のしぶとい守備に苦しんだものの、52分の先制点から21分間で3ゴールを奪い、一気に畳みかけた。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 6
被シュートは合計5本。PKによる失点を喫したとはいえ、ゴールの枠内をとらえるようなシュートがほとんどなかった。

DF
22 広瀬陸斗 6.5
およそ3か月ぶりのスタメン出場。試合勘が心配されたが、立ち上がりから背後への絶妙パスを続けた。そして60分、J・アラーノの頭にピンポイントで合わせ、チーム2点目を好アシスト。

DF
33 関川郁万 6
相手のスローインをカットし、先制ゴールのきっかけを作ったシーンは見過ごされがちかもしれないが、評価に値する。かたや、試合終了間際に不用意な対応からPKを与えてしまい、苦虫をかみつぶした。

【ハイライト動画】鹿島が3発完勝! G大阪はPKの1点止まり
DF
28 町田浩樹 6.5
相手の起点を封じるべく、怪我明けとは思えないほど、激しくプレーした。空中戦にも果敢に挑み、自由を与えなかった。

DF
2 安西幸輝 6(90+1分OUT)
タッチライン際を駆け上がり、クロスを供給。味方のシュートにつながらないことが多かったが、トップフォームに戻りつつあることを確かだ。

MF
20 三竿健斗 6.5
中盤を幅広くカバーし、チームの屋台骨を支えた。戦う姿勢を貫きつつ、PKを取られた状況でも落ち着いて対処。限りなく「7」に近いパフォーマンスだった。

MF
21 ディエゴ・ピトゥカ 7
浮き球やダブルタッチで相手をかわすなど、スキルの高さを披露。長い距離を軽快なステップかつ力強いドリブルで突進し、均衡を破る先制点のお膳立てをした。

【J1第29節 PHOTO】鹿島 3-1 G大阪|鹿島が後半一気の3ゴールでG大阪に快勝
 
MAN OF THE MATCH
MF
7 ファン・アラーノ 7(80分OUT)
負傷からの復帰戦ながらキックオフと同時にフル回転。相手守備陣の背後に飛び出し、かく乱した。ゴール前の隙間に潜り込み、活気づく追加点をヘッドで決めただけではなく、決定的なラストパスを何度も送った。

MF
11 和泉竜司 6.5(67分OUT)
ヒールで味方に残したり、サイドを深くえぐったり、自らシュートに持ち込んだり、得点への最終段階で躍動。そのうちの1本でも決まっていたら、と思わずにいられない。

FW
13 荒木遼太郎 6.5(67分OUT)
本人のシュートは相手GKに阻まれるものの、そのこぼれ球に上田がいち早く反応し、先制点につなげた。チーム2点目にも何気なく絡んだ。

FW
18 上田綺世 7(80分OUT)
質の良いランニングによって生まれた自身の先制点はここまでの悪い流れを断ち切るだけではなく、チームに勢いと勇気をもたらした。土居のダメ押しゴールも巧みな“動き”でアシスト。MOMに値する働きだった。
 
途中出場
MF
8 土居聖真 6.5(67分IN)
ドリブルで一気に持ち込み、ゴール前の視界が開けた瞬間を逃さず、思いきりよく左足を振り抜いた。チーム3点目を叩き込み、相手を意気消沈させた。

MF
松村優太 6(67分IN)
味方とのワンツーパスから右サイドを抜け出し、シュートまで持ち込んだ。持ち前のスピードを発揮した。

MF
17 アルトゥール・カイキ ―(80分IN)
相手のPKが決まってすぐにJ・アラーノに代わったが、その前から準備していた点を踏まえれば、終盤に向けて攻撃面の強度回復を狙っていたことがうかがえる。

FW
9 エヴェラウド ―(80分IN)
終了間際、右サイドをフリーで持ち上がり、迷わず狙ったシュートはクロスバーを大きく越えた。得点への強烈なメンタリティが空回りしている印象だ。

DF
14 永戸勝也 ―(90+1分IN)
アディショナルタイムに入ってからの交代出場。2点のリードを守り、滞りなく試合を終わらせることが与えられた役割だった。

監督
相馬直樹 6.5
チーム2点目の瞬間を振り返ると、右SBの広瀬からのクロスに対してボックス内には5人の味方選手が入り込んでいた。苦境打開に向けて相馬監督が求めた「前に行くエネルギー、パワー」の発露を象徴するようなシーンだった。

【サポーターPHOTO】鹿島サポーターが雨のなかスタンドからチームを後押し
 
[J1第29節]鹿島3-1G大阪/9月18日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
G大阪 4.5
後半すぐに先制され、リスク覚悟で前がかりになったところを逆手にとられ、さらに傷口を広げてしまった。1点を返したが、焼け石に水。9月に入ってからの公式戦4試合で10失点と、早急な守備の立て直しが迫られる。

【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 5.5
プレッシャーをかけられないままシュートされている事態を見れば、GKに3失点の責任を問うのは酷。ピンチでの好セーブがなければ、さらに失点を重ねていたはずだ。

DF
27 髙尾 瑠 5(70分OUT)
守備時は3バックの右だが、攻撃時は右SBの位置にまでスライドし、ひとつ前の小野瀬をバックアップ。前半はよく耐えていたのだが、後半は全体的な統制がとれず、後手を踏まされた。

DF
13 菅沼駿哉 5
1トップの上田に対する警戒を怠らず、球際では負けまいと応戦。先制されたあと、追いつくために前がかりになったこともあって、かえってスペースを与えすぎてしまった。

DF
19 キム・ヨングォン 5
立ち上がりから背後のスペースに入り込まれ、対応に追われた。47分に軽率なプレーによって警告を受け、その後、球際での強度低下を招いた。
 
DF
4 藤春廣輝 5
相手ゴールに向かって積極的にスプリントしているというより、自陣ゴールに向かってスプリントさせられているシーンが多かった。

MF
8 小野瀬康介 5
サイドアタックの重要なキーマンだが、チャンスを作り出せなかった。攻撃面がこう着した要因でもある。

MF
15 井手口陽介 5(80分OUT)
FKのクリアボールに反応し、ミドルレンジからシュートを試みるもゴールの右に外れた。中盤の守備に注力するばかりで、ほとんど攻撃に転じることができなかった。

MF
21 矢島慎也 5(80分OUT)
2シャドーの一角としてスタートし、4バックにシステム変更してからは左MFに入った。自身のシュート0本がこの日のプレーを物語っている。
 
MF
29 山本悠樹 5(70分OUT)
ボールを奪ってから前に出ようとしても横パスが多くなり、スローダウンさせられた。キッカーを務めるセットプレーに活路を見出そうとするも結実せず。

FW
10 倉田 秋 5
我慢の時間が続くなかで、何とか持ち直そうとしたが、相手の勢いに飲まれ、自分たちのリズムを作れなかった。

FW
18 パトリック 5(70分OUT)
「そこにいるだけ」で威圧感はある。だが、相手の執拗なマークに合い、攻撃の起点さえも作れず、「そこにいるだけ」に終わった。
 
途中出場
DF
26 柳澤 亘 5.5(70分IN)
3バックから4バックへの移行に伴い、右SBに入ったが、目立つ変化を巻き起こすまでには至らなかった。

FW
39 宇佐美貴史 5(70分IN)
期待値が大きいぶん、“そこそこのプレー”では見ているものを納得させられない。ボランチの山本に代わって2トップの一角に立ったが、攻撃面を活性化したとはいい難かった。

FW
32 チアゴ・アウベス 6.5(70分IN)
ゴールに向かって仕掛けたり、得点に直結する仕事に尽力。PKを奪取し、自ら決めて一矢報いた。

MF
6 チュ・セジョン ―(80分IN)
2点のビハインドを追う状況で登場。ボランチの井手口と交代し、丁寧にボールを動かしながら攻撃を組み立てようとしていた。

MF
28 ウェリントン・シウバ ―(80分IN)
疲れの見える矢島に代わってピッチに送り出された。攻守に厚みを加えるべく、左MFとしてプレーしたが、あまりボールに絡めなかった。

監督
松波正信 4.5
システム変更や選手交代によって何とか状況を改善したいといった意図は感じられたが、内容と結果が伴わず、頭を抱えた。チームとしての戦い方を徹底しきれなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部