現地時間9月19日のプレミアリーグ第5節で、3位のマンチェスター・ユナイテッドが、8位のウェストハムと敵地で対戦した。12年ぶりに復帰し、加入後2試合で3ゴールを奪っているクリスチアーノ・ロナウドはこの試合でも先発に名を連ねた。

 リーグ戦いまだ負けなしと好調なチーム同士の一戦で、ユナイテッドが最初にチャンスを作ったのは24分。ポグバからゴール左でパスを受けたC・ロナウドがダブルシザースから右足を振り抜くも、GKファビアンスキの正面に飛んでしまう。

 直後の27分にもCKがファーに流れたところに反応したブルーノ・フェルナンデスが、左足で鋭いシュートを放つが、ここは右ポストに嫌われる。

 迎えた30分、アウェーチームは思わぬ形で先制点を許す。ゴール前中央からベンラハマにシュートを浴びると、ヴァランヌに当たってコースが変わり、ボールがゴールに吸い込まれた。
 
 それでも失点からわずか5分後、ユナイテッドは頼れる大エースの得点で即座に追いつく。ポルトガル代表でも共に戦うB・フェルナンデスの左サイドからのアーリー気味のクロスに反応すると、ダイレクトでシュート。これはファビアンスキに阻まれるも、こぼれ球を自ら押し込んだ。C・ロナウドは、復帰から公式戦3戦連発となった。

 このまま前半は1-1で終了している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち