現地時間9月22日に開催されたラ・リーガ第6節で、久保建英が所属する10位のマジョルカが首位のレアル・マドリーと敵地サンティアゴ・ベルナベウで対戦した。

 90分までプレーした前節の古巣ビジャレアル戦から中2日にもかかわらず、保有元のマドリーを相手に5試合連続の先発となった久保は、自身初めてとなるベルナベウで、4‐2‐3‐1の右サイドハーフでプレー。トップ下には、初スタメンの韓国代表MFイ・ガンインが入った。

 試合はいきなり厳しい展開となる。開始3分、このゲームが1部デビューとなったDFガヤのトラップミスをベンゼマにかっさらわれ、そのまま持ち込まれて先制ゴールを奪われる。

 その2分後、久保は左サイドからサイドチェンジのパスを受けると、トラップの瞬間に敵左SBグティエレスをかわして、そのままドリブルで切れ込んでシュート。だが、この絶好機に枠を捉えられない。
【動画】さすがのクオリティ!久保建英が巧みなダブルタッチで出した絶妙の縦パス
 
 すると24分、エリア内でロドリゴが折り返したボールをGKレイナが足で弾いたところをアセンシオに詰められ、あっさり追加点を許す。

 しかし、この後のキックオフから、久保がFWホッペに縦パスを入れ、落としたボールを受けたイ・ガンインがドリブルで持ち込み、左足でシュート。圧巻のゴールを叩き込み、1分後にすぐ1点差に詰める。

 追い上げたのも束の間、28分には、ベンゼマのポストプレーから、再びアセンシオが決められ、再びリードを広げられる。

 試合はこのまま1‐3でハーフタイムに突入。久保はここで無念の交代となり、アンチェロッティ監督の前でアピールすることはできなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ヒールでボールを浮かせて…久保建英が披露した驚愕のテクニック

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!