Jリーグに復帰した長友佑都が恩師との再会を果たし、「メッチャ良い表情!」とファンに反響を呼んでいる。

 今夏に11年ぶりにFC東京へ復帰した長友は、9月18日の横浜FC戦(4-0)でJリーグに復帰し、中3日で迎えた22日の名古屋戦(1-1)で2戦続けてフル出場を果たした。

 この試合で再会した名古屋のフィッカデンティ監督は、チェゼーナで指揮を執っていた2010年に、FC東京から移籍してきた長友を指導。長友にとってはイタリアでのキャリアを開いた時の恩師でもある。

 試合はFC東京のレアンドロが一発レッドで退場するなど激しい一面もあったものの、試合後に恩師について質問された長友が「当時の懐かしい思い出とともに、自分が成長してきたこと、あなたのおかげでイタリアで勝負できたしインテルにいけたんだと感謝を伝えた」と語るように、特別な一戦でもあったようだ。
 
 試合翌日にFC東京はクラブの公式SNSを更新。名古屋戦の長友の姿をアップし、以下のように綴った。

「vs 名古屋グランパス。イタリアへの道を作ってくれた恩師との再会」「#長友佑都」「#マッシモフィッカデンティ」

【画像】「メッチャ良い表情!」長友佑都と恩師の「激アツ」2ショット!

 この投稿にファンも反応し、以下のようなコメントが寄せられた。

「激アツやん」
「メッチャ良い表情!」
「ほっこりする」
「見たいのはこういうやつ。。。マッシモは日本をエンジョイしてんなぁ」
「すてき」
「東京では被ってないけど、チェゼーナで監督してた時に長友が来たんだよな」

 今回は引き分けに終わったものの、FC東京と名古屋はルヴァンカップ準決勝でも対戦。10月6日、10日と再び“師弟対決”が実現する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部