レアル・マドリーの関係者は、久保建英のパフォーマンスをどう評価したのだろうか。

 9月22日、マジョルカに所属する久保は、ラ・リーガ第6節のマドリー戦に先発出場した。だが、保有権を持つレンタル元のクラブの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでプレーしたのは前半のみ。ハーフタイムで交代している。

 チームが立ち上がりにミスから失点して迎えた5分、久保はサイドチェンジのボールを受けながらうまくミゲル・グティエレスを抜き、一気にペナルティーエリアに侵入。だが、シュートは枠をとらえなかった。13分にもスローインの流れからボックス内で左足を振り抜くが、うまくヒットしていない。

 リードを広げられて迎えた25分には、久保の縦パスを起点にイ・ガンインがゴラッソ。ゴールに絡んだが、チームは前半のうちに3点目を献上し、日本代表MFは後半からピッチに立たなかった。
【動画】イ・ガンインのゴラッソを久保が演出! 見事なトラップから迎えた絶好機は…マドリー戦のハイライトをチェック!
 
 マドリーとの対戦となれば、世界的な注目も高まる。その一戦での前半のみのパフォーマンスは、どのように映ったのだろうか。イタリアのメディア『TUTOOmercatoWEB』は、採点記事で久保に及第点を下回る「5.5点」をつけている。

「ボールを持つとエレガントだったが、おそらくベルナベウのプレッシャーを感じすぎた」

 今シーズン2敗目を喫した暫定10位のマジョルカは、次節でオサスナと対戦する。過密日程で厳しいやり繰りが必要となる中、久保の起用とパフォーマンスが注目される。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】ヒールでボールを浮かせて…久保建英が披露した驚愕のテクニック

【動画】さすがのクオリティ!久保建英が巧みなダブルタッチで出した絶妙の縦パス