Jリーグは9月26日、J1第30節の5試合を各地で開催。ヨドコウ桜スタジアムで行なわれたセレッソ大阪対鹿島アントラーズの一戦は、2-1で鹿島が勝利した。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

C大阪/ホーム 監督:小菊昭雄
スタメン)
GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、丸橋祐介、瀬古歩夢、西尾隆矢 MF:原川力、坂元達裕、乾貴士、奥埜博亮 FW:大久保嘉人、加藤陸次樹
サブ)
GK:松井謙弥 DF:チアゴ MF:西川潤、喜田陽 FW:松田力、中島元彦、アダム・タガート

鹿島/アウェー 監督:相馬直樹
スタメン)
GK:沖悠哉 DF:常本佳吾、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:三竿健斗、ディエゴ・ピトゥカ、ファン・アラーノ、松村優太 FW:土居聖真、アルトゥール・カイキ
サブ)
GK:早川友基 DF:広瀬陸斗 MF:和泉竜司、荒木遼太郎、遠藤康、レオ・シルバ FW:上田綺世

 7分、ロングボールに抜け出したC大阪の大久保がゴールネットを揺らすも、これはオフサイドの判定。得点にはならなかったが、ホームチームがさっそく惜しい場面を作る。

 一方の鹿島も両サイドを上手く使いながら相手ゴールに迫るが、思うようなフィニッシュになかなか持ち込めない。

 局面で激しくやり合いながら、お互いに譲らぬ展開のなか、33分に鹿島がビッグチャンスを迎える。左サイドの安西からのクロスに土居が飛び込む。触ればゴールか、というシーンだったが、相手DFに寄せられてシュートを打つことはできず。

 前半はアウェーの鹿島がやや優位に立つも、均衡は崩れず、スコアレスで折り返す。
 
 後半も立ち上がりからペースを掴んだのは鹿島。56分には攻撃陣の一気の三枚替えで仕留めにかかる。

 だが、先制したのはホームのC大阪。58分、乾の正確なスルーパスに抜け出した原川が左足で流し込んだ。

 リードを奪われた鹿島だが、66分に同点に追いつく。いずれも途中出場の和泉の柔らかいクロスに上田がヘッドで合わせて、ゴールネットを揺らす。

 そして82分、鹿島がPKを獲得。これを上田が確実に沈める。その後、スコアは動かず、鹿島が2-1の逆転勝利を収めた。

 次節の31節、C大阪は10月3日に大分トリニータの敵地に乗り込み、鹿島は同2日にホームで横浜FCと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部