何が起こるか分からない。去年まではFWだった。高卒でプロの世界に進む可能性など未知数だった。しかし、環境が変われば、評価も変わる。C大阪U-18から興國に移籍した18歳がCBに転向し、Jクラブから注目を集めるまでに成長を遂げた。
 

 フィジカルの強さとスピードを併せ持ち、対人プレーにも強く、183cmの高さを生かした守りにも定評がある。そして、興國らしい正確なビルドアップも持ち味で、左足に加えて右足でのプレーも苦にしない。CBとして新境地を開拓した坂本稀吏也が日増しに存在感を高めている。
 昨季までC大阪U-18でプレーしていた坂本が興國にやってきたのは今年の春。「頭を使う興國のサッカーに取り組み、自分の経験を高めてもっと上手くなりたい」と、覚悟を決めてC大阪を飛び出し、さらなる成長を目指して新たなチャレンジをスタートさせた。

 合流当初はC大阪時代と同じくFWやトップ下で起用され、GW中に行なわれた関西プリンスリーグでも身体の強さを生かしたボールキープでまずまずのプレーを見せていた。しかし、その一方で新たなスタイルを身体に染み込ませるのは簡単ではない。興國のスタイルは相手の動きを見ながら、ボールを運んでいく。立ち位置も状況に応じて決まるため、興國のスタイルを実践するためには時間が掛かる。合流当初は坂本も例に漏れず苦戦したという。

「とにかく必死でした(笑)。自分が(戦術理解の面で)遅れているのは練習から分かる。敵によってポジションを変えるのはもちろん、敵のポジションを認知しながら自分のポジションを考えたり、味方を生かすための立ち位置を取る。その動き方や考え方が難しかった。なので、いろんな人に聞いたり、自分で試してみました。そうした積み重ねで、少しずつ慣れてきたと思います」

 ただ、今季の興國は前線に才能豊かなアタッカーが揃っており、いくらJ下部組織出身の坂本であってもレギュラーに定着するのは一筋縄ではいかない。FW永長鷹虎(3年/川崎入団内定)、FW荒川永遠(3年/山形入団内定)といった個で勝負できるタレントや、1年生ながら10番を背負う宮原勇太もJクラブから既に注目されている。また、サイドにも向井颯(3年/福島入団内定)がおり、攻撃的なポジションで地位を確立するのは容易ではなかった。

「能力的にはいけるかもしれないけど、興國はサッカーの頭が必要。他の選手と比べると劣っていた」(坂本)

【PHOTO】2021年の高校サッカー界を彩る主な注目株を写真でチェック!〜関西編
 試行錯誤の日々が続くなか、坂本はインターハイ予選後からSBに配置転換されると、転機を迎える。内野智章監督からCBでの起用を告げられたのだ。レギュラーの選手が怪我で離脱していた影響でCBを務めたのだが、これが思わぬ産物をもたらした。内野監督は言う。
 
「夏前のインターハイ終わりからはSBをやらせていたんですけど、怪我人が出たので7月末からCBをやらせたんです。そこからJにも注目してもらえるようになった。50mを6秒5ぐらいで走って、身体も強くてビルドアップもできる。左足だけではなく、右足でも蹴れる。そういうタイプのCBはあまりいないんですよね」

 結果として、このCB起用が坂本の運命を大きく変えた。ポジショニングは改善の余地があり、DFとしての経験ももっと積まなければいけない。まだまだ荒削りではあるが、自身の特徴は後ろであれば最大限に生かせる――。坂本も最初は戸惑いを見せていたが、新たなポジションでのプレーに手応えを掴んだ。

「興國に来てサッカーが広がった。正直FWをやりたい気持ちはあるし、仲間がゴールを決めていると、自分も攻め上がって点を取りたいって思う。でも、FWの頃は声をかけてもらえなかったけど、DFになってJクラブからも目を付けてもらえるようになった。そこは自信になったので、割り切って受け入れてCBとして成長していくことが一番だと思えるようになりました」

 坂本のCB起用はチームにとっても、戦い方に幅をもたらす上で有益だった。今まであれば2人のCBとアンカーでビルドアップし、守備時も相手が2トップであれば3枚で守る必要があった。しかし、坂本の台頭で攻撃時も守備時もCBだけで対応できるようになり、中盤でのボール回しやプレスも楽に行なえるようになったという。

 チームでのプレーが評価された坂本は夏以降にJクラブから注目を集め、横浜と東京Vの練習にも参加。坂本は「結構手応えもあったし、戦術のところも味方を動かしながらできたので自信になった」と振り返り、「マリノスやヴェルディのプレースピードやパススピードは凄かったけど、そこで得たものを新たな基準として興國でも継続できれば、どれだけ上手くなれるんだろう」と感じる機会になった。

 もし、新たな挑戦に足を踏み入れてなければ、今の活躍はなかったに違いない。今の坂本にとって高卒でのプロ入りは夢ではなく、現実な目標だ。右肩上がりで成長を続けていけば、CB歴3か月の男が世界を驚かす日が来たとしても不思議ではない。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)