世紀の大金星に指揮官が声を弾ませた。

 現地時間9月28日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第2節で、CL本戦初出場のシェリフ・ティラスポリ(モルドバ)はレアル・マドリー(スペイン)と敵地で対戦。戦前の予想に反し、25分にジャスールベク・ヤフシボエフのゴールで先制すると、65分にカリム・ベンゼマのPKで追いつかれるも、試合終了間際の89分になんと勝ち越しゴールを奪う。

 ペナルティエリアの外からセバスティアン・チルが左足を一閃。勝負を決定づける強烈なミドルシュートをゴール左に叩き込んだのだ。

【動画】決勝点は圧巻のスーペルゴラッソ!白い巨人を撃破した2発をチェック

 人口約270万人の小国、モルドバの王者は、開幕節でシャフタール・ドネツクを撃破した勢いそのままに、世界屈指のビッククラブを相手に見事なジャイアント・キリングを達成。2連勝でグループDの首位に躍り出た。

 試合後、ユーリ・ヴェルニドゥブ監督は「感情でいっぱいで、今日の選手たちの全てのプレーにとても感謝している」と、達成感たっぷりに歴史的勝利を振り返った。スペイン紙『AS』が伝えている。
 
「(長時間)守備を強いられることは分かっていたよ。我々はよく守り、よくカウンターアタックをした。そして最後にこのような重要なゴールを決めることができた。満足しているし、チームとメンバーをとても誇りに思う。今後も自分たちの道を歩み続ける」

 この勢いなら、グループステージ突破も決して夢物語ではないが、55歳のウクライナ人指揮官は、「次のラウンドのことは考えていない」と、あくまで一戦必勝の姿勢を崩さない。

「私たちは何も特別なことをしていない。一歩一歩前に進んでいき、結果はその後で見てみよう。我々にはとても重要な試合が4つ残っている。最後のゲームになったとき、それを見ることができる」

「何人かの有名な選手が、シェリフは出場に値しないと言っていた」と皮肉ることも忘れなかったヴェルニドゥブ監督。シェリフは、そうした下馬評を勇猛果敢なプレーで見返している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!