元フランス代表FWティエリ・アンリが、今シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)に出場する“9番”タイプのストライカーの中から、自身の選ぶベスト3を発表した。英メディア『GIVE ME SPORT』が9月29日に伝えている。

 現役時代はアーセナルでゴールを量産したアンリは、米放送局『CBS Sports』の番組に解説者として出演。「今大会でベストなストライカー3人は誰なのか?」という質問に回答している。

【PHOTO】ドリームチーム撃破、イスタンブールの奇跡、マドリーの3連覇etc...CL歴代王者の戴冠シーンを一挙公開!

 まず3位に挙げたのが、昨シーズンにブンデスリーガで41ゴールを挙げ、ゲルト・ミュラーの持つシーズン最多得点記録を49年ぶりに更新したロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)だ。賛辞とともに、3位に留まった理由をこう説明している。

「彼は長い間やっていて、私が見た中では最高の“捕食者”のひとりだ。しかし、彼はチャンピオンズ・リーグを1回しか勝っていない。それだけで十分ではあるが、(今回のランキングで)彼より上位の2人は何度もそれを一緒に勝ち取っている。それはリスペクトしなければならないね」
 
 2位には、今シーズンここまで公式戦9試合で9ゴールと爆発しているカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)をチョイスした。

「私にとって、彼は世界で最も完璧なストライカーだ。ただ、完全であることが最高を意味しているわけではない。(元ブラジル代表の)ロナウドが去った後、彼はその期待に応え、チャンピオンズ・リーグを何度も制覇してきた。2番となるには十分の活躍だと思う」

 そして文句なしで1位としたのは、レアル・マドリーのCL3連覇の最大の功労者であるクリスチアーノ・ロナウド(現マンチェスター・ユナイテッド)だ。アンリにとっても、今夏に12年ぶりに古巣に復帰し、さっそく衰え知らずの決定力を見せつけている36歳のポルトガル代表FWは、別格のようだ。

「ナンバーワンは、マスター・ロナウドだ。この男には多くの称賛を与えなければならない。代表チームやユナイテッドで今やっていること、ユーベやレアル・マドリー、以前にユナイテッドでやっていたこと。それは誰にも負けない。9番という数字について言うならば、彼には敬意を払わなければならない」

 67代目の欧州王者の座を懸けて争われる今大会で、チームを栄光に導くストライカーはいったい誰になるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!