元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』で、「一番好きなプレースタイルの選手」を明かした。

 番組内で、進行の野村明弘アナウンサーが、10月2日に開催されるヴィッセル神戸対浦和レッズ(J1リーグ第31節)を前に、DAZNの番組「Jリーグ プレビューショー」で、酒井高徳(神戸)と酒井宏樹(浦和)のインタビューを収録したことを紹介。すると内田氏は「熱いですね」と言い、こう続けた。
【動画】「Jリーグなめてた?」酒井高徳が酒井宏樹を挑発?

「常々言っているけど、一番好きなプレースタイルは高徳。すごくない? 両足使えて身体強いし、(日本代表で)練習とか紅白戦で、『こいつ本当にいいプレーするな』といつも思っていた」
 
 Jの舞台で約10年ぶりに実現する“酒井対決”については、「宏樹が帰ってきて、(2人が)ぶつかるところを見たい。ブラジル(ワールドカップ)の時は、(レギュラーSBが)内田と長友(佑都)で、紅白戦の相手とかをして、ふたりとも悔しかったと思う。そのふたりがJリーグに戻ってきて対戦するのは楽しみ」と語った。

 日本代表では定位置を獲れなかった酒井高だが、ドイツの名門ハンブルクでキャプテンを務めるなど、内田氏と同様にブンデスリーガで活躍を見せた。その後輩の実力を、高く評価していたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち