[J1リーグ31節]神戸5-1浦和/10月2日(土)/ノエビアスタジアム神戸

【チーム採点・寸評】
神戸 7
大迫の移籍後初ゴールで火がついた神戸。イニエスタの2点、武藤の3戦連発、ボージャンの移籍後初得点まで生まれた。今後の戦いに勢いが付く貴重な勝利に。

【神戸|選手採点】
GK
18 飯倉大樹 6.5
27分の汰木のシュート、44分の江坂の直接CKなど相手の好機を阻止。流れを渡さなかった功績は大きい。

DF
23 山川哲史 6
48分には関根に背後を取られて失点につながった。全体的には期待通りのいい守備で勝利に貢献した。

17 菊池流帆 6.5
27分の江坂のシュートブロックなど浦和の攻撃を跳ね返し続けた。ユンカーにも決定的な仕事をさせず。
 
4 トーマス・フェルマーレン 6.5
30分のFKからの得点は残念ながらVARでノーゴールに。守備ではカバーリングも含めほぼ完璧は働きぶり。

24 酒井高徳 6.5
関根に対応しながら、酒井宏と質の高い攻防を見せた。7分には見事なスルーパスで大迫の移籍後初ゴールをアシスト。

MF
6 セルジ・サンペール 6.5(70分OUT)
強度の高い守備で相手にリズムを作らせなかった。34分のイニエスタの得点は彼のボール奪取が起点。

7 郷家友太 6(70分OUT)
全体的に攻守をつなぐいいポジショニングでチームの潤滑油に。派手さはないが、玄人好みするいいプレー。
 
22 佐々木大樹 6(HT OUT)
積極的なハイプレスで浦和に思うようなビルドアップをさせず。攻撃にも積極的に絡み、前半のリズムを作った。

MAN OF THE MATCH
8 アンドレス・イニエスタ 7(75分OUT)
2ゴール1アシスト。文句なしのMOM。特に芸術的なFKで決めた22分のゴールはチームに勢いをもたらした。

11 武藤嘉紀 6.5(87分OUT)
積極的なハイプレス、効果的な裏抜け、そして失点直後のお返しゴール。3戦連発を含め、MOM級の活躍。

FW
10 大迫勇也 6.5
8分に酒井高のスルーパスから技ありゴール。イニエスタの2点目もアシストし、質の高いプレーを続けた。
 
交代出場
MF
31 中坂勇哉 6(HT IN)
献身的な守備が光った。52分には郷家のアーリークロスからヘディングシュートなど攻撃面でも存在感。

DF
25 大﨑玲央 6(70分IN)
サンペールと交代。川崎戦での負傷交代が心配されたが、いいプレーを見せた。特に中盤での守備が効いていた。

FW
29 リンコン 6(70分IN)
郷家と交代。ドリブルを軸にチームに変化を与えた。86分にはボージャンからパスを受けて惜しいシュートも。

MF
9 ボージャン・クルキッチ 6(75分IN)
イニエスタと交代。78分の惜しいミドルをはじめ調子が上がってきた印象。移籍後初ゴールがブレイクの契機になるか。

DF
3 小林友希 ―(87分IN)
武藤と交代。失点しないというタスクをしっかり成し遂げた。出場時間が短く採点はなし。

監督
三浦淳寛 7
川崎戦の悔しい逆転負けから中2日でよくチームを立て直した。モチベーターとしての手腕が光った一戦。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
浦和 5
大迫と武藤のハイプレスに苦しみ、序盤からリズムを崩した。その中で8分にカウンターから失点。いい時間帯もあったが、結果的に守備を修正できずに5失点で大敗した。

【浦和|選手採点】
GK
1 西川周作 5.5
GKだけの責任ではないが5失点は厳しい。ビルドアップに関しても、もう少し関わりたかった。

DF
2 酒井宏樹 6(81分OUT)
72分の中坂のボレーをブロックするなど守備が光った。迫力ある攻撃参加でもチームを牽引した。

4 岩波拓也 5.5
大迫と武藤のプレスにやや圧された印象。ボージャンの得点シーンでは不用意な中央へのパスで失点を招いた。
 
28 アレクサンダー・ショルツ 5.5
大迫・武藤の2トップにうまく対応した。だが、試合中に守備を立て直せなかった点は残念。

15 明本考浩 6
44分に小泉からのストレート系クロスをうまく頭で合わせたがポスト直撃。そのほかも好機を多く作った。

MF
41 関根貴大 6(87分OUT)
前半は右SHでプレーし、酒井高にうまく対処された印象。後半は左へ。小泉のゴールをアシストした。

40 平野佑一 5.5(70分OUT)
守備では大迫やイニエスタへ素早い寄せを見せた。だが、中盤でうまくゲームはコントロールできず。
 
29 柴戸 海 5.5
献身的な守備は見せたが攻撃を組み立て切れず。34分の失点シーンでは、イニエスタのシュートが足に当たった。

24 汰木康也 6(HT OUT)
27分に小泉のパスを絶妙なトラップで処理し決定機を作った。全体的にいいプレーを見せたが、前半で交代。

18 小泉佳穂 6.5(81分OUT)
相手の時間帯が長い中で孤軍奮闘し、攻撃を組み立てた。49分に自らのゴールで反撃の狼煙を上げた。

FW
33 江坂 任 6.5
44分にCKから直接シュートを狙うなど意表を突くプレーで神戸を脅かした。終盤にはポストに嫌われる惜しいシュートも。
 
交代出場
FW
7 キャスパー・ユンカー 6(HT IN)
汰木と交代。小泉の得点はユンカーのポストプレーから。だが、フェルマーレンにうまく対応されて自身は得点できず。

MF
17 伊藤敦樹 5.5(70分IN)
平野と交代でボランチに入ったが流れを変えられず。ボージャンに自陣でボールを奪われて失点も招いた。

DF
8 西 大伍 ―(81分IN)
酒井宏と交代。右サイドで推進力を出したかったが思うようにいかず。出場時間が短く採点はなし。

FW
11 田中達也 ―(81分IN)
小泉と交代。94分にエリア内で粘りあるプレーから江坂の決定機を作った。出場時間短く採点はなし。

MF
21 大久保智明 ―(87分IN)
関根と交代。終了間際からの投入で何を求められていたかは不明。出場時間が短く評価はなし。

監督
リカルド・ロドリゲス 5
信念を貫き7試合負けなしは立派。だが、今日に関しては試合途中に守備を修正できなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●白井邦彦(フリーライター)