パリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェティーノ監督が、去就が注目を集める自軍の怪物ストライカー、キリアン・エムバぺについて語った。スペイン紙『Marca』が10月14日付けで伝えている。

 相思相愛とされるレアル・マドリー入りが取り沙汰されているエムバぺは今夏に「クラブに移籍したいと伝えた」と認めている。スペイン紙『AS』などによれば、マドリーは今夏の移籍市場最終日となった8月31日には、2億ユーロ(約250億円)のオファーを送ったが、期限までにパリSGから返事は来なかったという。

 22歳のフランス代表FWの現行の契約は来年6月までとなっており、今後の動向に注目が集まるなか、ポチェティーノ監督はその将来に見解を示している。

「彼は個性的でとても社交的な性格の持ち主だ。物事を明確に理解し、サッカーを愛している。22歳だが、自分の将来に関しての状況を管理できる非常に高い成熟度も持っている。キリアンは自分で決断するだろうし、クラブはキリアンを引き留めるためにあらゆる努力をするだろう。ただ、状況はオープンであり、今後も何が起こるか分からない。数か月前の情勢が将来的に変わることもある」

 そのうえで、エムバぺの存在価値については、現代サッカーを代表するレジェンド2人を引き合いに出し、こう熱弁している。
 
「エムバペが(リオネル)メッシやクリスチアーノ(ロナウド)のようなレベルにあるのは間違いないし、ネイマールやメッシと一緒にここにいることは幸運なことだと思う。毎回のトレーニングで彼を見ることができるのは嬉しいことだ。偉大な才能の持ち主であることは明確。彼は“現在”であり、“未来”でもあるのだ」

【PHOTO】メッシ、ネイマール、エムバペ…!”新・銀河系軍団”パリ・サンジェルマンの選手を一挙紹介!

 また、49歳のアルゼンチン人指揮官は、悲願の初制覇を目指すチャンピオンズ・リーグにも言及。あくまで挑戦者として、王者チェルシーに挑むと意気込んでいる。

「我々にとって、チャンピオンズ・リーグの優勝は義務ではなく、夢でなければならない。サッカー選手は義務感ではなく、欲望と勝利の夢を持ってプレーしなければならない。

 チャンピオンズ・リーグの優勝候補筆頭はチェルシーだ。彼らは昨年のチャンピオンだからね。私たちは(優勝)候補のひとつであり、競争相手である。チェルシーもまたチームを強化するために大金を投資している。もしかしたら我々よりも多いかもしれない」

 エムバぺ、メッシ、ネイマールと、夢のようなトリデンテを前線に揃えるフランスの雄は、ライバルたちを叩き、ビッグイヤーを天高く掲げることはできるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!