ベルギー1部シント=トロイデン(STVV)に所属するFW鈴木優磨は、2022年1月の移籍市場で、再びオファーを受ける可能性があるようだ。英紙『Nottingham Post』が現地時間10月14日付けで報じている。

 鈴木は昨シーズンのベルギー・リーグで17ゴールを記録し、今夏にはステップアップ移籍を目指すことを明らかにしていた。現地の報道では、ドイツやフランス、スペイン、スコットランドや国内の強豪クラブからもオファーが届いたとされる。そのうちのひとつが、イングランド2部のノッティンガム・フォレストで、移籍金400万ユーロ(約5億円)で獲得オファーを出していた。

 しかし、こうしたオファーを鈴木本人がすべて拒んだという。先日、アンデレルレヒトのピーター・フェルベクTDも「ユウマがすべてブロックした。トップリーグへの移籍を希望していると聞かされた」と現地メディアに明かした。
 
 しかし、ノッティンガムは1月に再び鈴木にオファーをする用意があるという。同クラブの番記者であるブルーノ・レイス記者は「冬になれば、再び運を試すべくチャレンジを仕掛けるのではないか」と伝えている。

「だが、この件についての現地ファンの反応は賛否両論だ。『アタッカー陣に相手を脅威に陥れるストライカーを獲得することは必要』『トップリーグ思考なら、1月の時点で我々が(昇格を望める)いい位置にいれば考えが変わるかもしれない』といった肯定的なものから、『何年も彼を見ているが、平均的な選手だと思う』『彼の態度はクラブへの忠誠心を感じない。自分の成長にしか興味のない人間はいらない』といった否定的なものもある。また『ファンのTwitterをみたら、たぶん彼は来る気を無くすだろう』といった声もみられた」

 ただ、ノッティンガムが攻撃陣の補強を考えていることは確かであり、「ユウマに対する再アタックの可能性は十分に残っている」と報じている。

 鈴木は最終的には残留が決まり、今シーズンは4試合の出場で1ゴール。今週末に控えるアンデルレヒト戦は太ももの負傷のためにメンバーに加わらない見込みだが、今後の活躍次第で、今冬に動く可能性は低くないかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2021年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち