[J1リーグ32節]鳥栖1-1湘南/10月16日(土)/駅スタ

【チーム採点・寸評】
鳥栖 5.5
先制を許した後、反撃に出るも湘南の切り替えの速さに攻めあぐねたが早い交代で追いつく。その後も攻めたが逆転ならず。

【動画】町野が鮮やかな抜け出しから先制弾!
【鳥栖|採点・寸評】
GK
40 朴 一圭 5.5
町野との1対1は決められてしまったが、的確なクロス処理など冷静に守り続けて、ドローにつなげた。

DF
24 飯野七聖 5.5(85分OUT)
何度も相手の背後を突く動きを見せるがボールは出てこず。後半に負傷交代となってしまった。

4 島川俊郎 5
町野に背後を取られて失点を許し、苦しい展開になってしまった。パスミスも目立った。

20 ファン・ソッコ 5.5
不慣れな3バックの真ん中でのプレーだったが及第点は与えられる。終了間際のシュートも惜しかった。

31 大畑歩夢 5.5
守備の意識が高かったせいか、攻撃参加してもチャンスメイクできず。粘り強い守備は見せた。
 
MF
13 白崎凌兵 5.5
酒井の同点ゴールをアシストしたクロスは見事。ただ、組み立て時の展開のパスなどには不満も残る。

10 樋口雄太 5.5
前半に放ったシュートは相手DFにブロックされてしまう。酒井の同点ゴールにつながるパスを白崎に供給。

44 仙頭啓矢 6
ビルドアップのために後方に落ちたと思えば、バイタルエリアに顔を出すなど鳥栖の攻撃をリードした。

7 中野嘉大 5.5(46分OUT)
攻撃時中央付近でボールに絡むもゴールは導けず。前半だけのプレーに終わったのは負傷のためか?

【J1第32節PHOTO】鳥栖1-1湘南|鳥栖が酒井宣福のゴールで追いつくも勝ち越すことはできずドロー決着

【サポーターPHOTO】拍手で選手たちを応援し続けたサガン鳥栖サポーターたち!
FW
29 岩崎悠人 5.5(81分OUT)
ボールを引き出す動きを続けたが決定的なチャンスは作れず、自身もシュートを打てずに交代した。

9 山下敬大 5(59分OUT)
2本のシュートはゴールネットを揺らすことができず。ポストプレーもうまくつなげられず早い時間での交代に。
 
交代出場
MF
22 小屋松知哉 5.5(46分IN)
最近多かったFWではなく、サイドでプレー。多くボールに関わり、チャンスを広げようとした。

FW
15 酒井宣福 6(59分IN)
少ないチャンスを確実に決めて敗戦ムードだったチームを救う。連敗を止める貴重なゴールだった。

MF
27 相良竜之介 ―(81分IN)
武器であるドリブル突破からCKを奪うなどチャンスメイク。終了間際に放ったシュートはわずかに枠をとらえず。

DF
47 中野伸哉 ―(85分IN)
飯野のアクシデントのために不慣れな右サイドでプレー。大きなミスもなく試合を終えた。

監督
金 明輝 6
湘南に先制点を与え苦しい展開も、早めの酒井投入が的中して追いつく。途中出場の相良も存在感を発揮した。
 
【チーム採点・寸評】
湘南 6
前半良い試合の入りをし、カウンターからいい形で先制。途中から受けに回り同点ゴールを許すも、粘り強く守備を続けてドローで終えた。

【湘南|採点・寸評】
GK
1 谷 晃生 6
キックが安定せずうまくつなげない場面あり。終了間際にファン・ソッコのシュートを好セーブで防ぎ、失点を許さず。

DF
4 舘 幸希 5.5
献身的に守りながら、チャンスの場面ではPA付近まで上がって行くなど積極性を見せた。

3 石原広教 5.5
最終ラインの素早く押上げる統率力、シュートブロックに入るなどいいプレーもあっただけに失点は残念。

8 大野和成 5.5
前半は裏を取られてピンチを招くシーンもあったが後半は修正して、粘り強く守っていた。
 
MF
6 岡本拓也 5.5(71分OUT)
大きなチャンスを演出することはなかったが、サイドで上下動を繰り返してチームに貢献。

14 茨田陽生 5.5(66分OUT)
攻撃の形を作ろうとするも、好機を演出するまでには至らず。プレースキックももうひとつだった。

32 田中 聡 6
アンカーとして守備のフィルターになるだけでなく、ビルドアップでも貢献。先制点の起点にもなった。
 
MF
28 平岡大陽 6(81分OUT)
見事なスルーパスで町野のゴールをアシスト。相手の間でボールを受けて攻撃を牽引した。

26 畑 大雅 5.5(81分OUT)
マッチアップする飯野とのポジションの取り合いは見ごえたあり。ただ、クロスの精度は欠いていた。

FW
33 町野修斗 6(71分OUT)
冷静に相手GKとの駆け引きを制して貴重な先制ゴールをゲット。もっと積極的にシュートを打ってもよかった。

9 ウェリントン 5
献身的に前線から守備をし、フィードのターゲットになった。ただ、シュートなしで終わったのはさびしい。
 
交代出場
MF
10 山田直輝 5.5(66分IN)
追加点を期待されて投入されるも、効果的なプレーは少なく、チャンスを作れずに終わった。

FW
11 タリク 5.5(71分IN)
後半唯一のシュートを放って存在感は示したが、ゴールにはつなげられなかった。

MF
5 古林将太 5.5(71分IN)
酒井に競り負けて同点ゴールを許す。その後、飯野と交錯して負傷するも交代枠が残っていなかったため治療後プレーを続けた。

FW
27 池田昌生 ―(81分IN)
押し込まれていた時間帯だっただけに攻撃で力を見せることなく試合終了を迎える。

FW
17 大橋祐紀 ―(81分IN)
ボールに絡もうと積極的に動いたが、見せ場を作るようなパスは出てこなかった。

監督
山口 智 6
前半は前に出てくる鳥栖の背後を狙う戦術が当たり、先制に成功。しかし、後半に足が止まってしまい追いつかれてしまった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●荒木英喜

【J1第32節PHOTO】鳥栖1-1湘南|鳥栖が酒井宣福のゴールで追いつくも勝ち越すことはできずドロー決着

【サポーターPHOTO】拍手で選手たちを応援し続けたサガン鳥栖サポーターたち!