[J1リーグ32節]横浜2-1札幌/10月16日(土)/日産スタジアム

【チーム採点・寸評】
横浜 6
前半は相手のマンツーマンディフェンスに苦戦し、多くのチャンスを作られ、先制点も奪われた。しかし、諦めない気持ちが終盤の連続ゴールを生み、久しぶりの日産スタジアムで逆転勝利を飾った。

【横浜|採点・寸評】
GK
1 高丘陽平 6.5
29分、高嶺のヘディングシュートを横っ飛び、左手一本でファインセーブ。これを決められていれば、流れは相手に大きく傾いていただろう。

DF
27 松原 健 6
1試合の出場停止から復帰。同サイドである仲川への縦パスがチャンスにつながるなど、攻撃の起点となっていた。

13 チアゴ・マルチンス 6.5
カウンターにも冷静に対応。しっかりと相手に身体を寄せ、対人や空中戦にも負けず、90分間落ち着き払っていた。

24 岩田智輝 6
CBとして安定した守備を披露。後半開始からはボランチを務め、積極的にボールを受けて散らすなど、攻撃にリズムを生んだ。

5 ティーラトン 5.5
果敢に攻撃参加を試みたが、それにより背後の空いたスペースを相手に使われてしまう場面が目立った。
 
MF
6 扇原貴宏 5.5(HT OUT)
札幌のマンツーマンディフェンスに苦戦し、ボールを持ってもなかなか前を向けず。良いところなしのまま前半のみで交代となった。

8 喜田拓也 5.5(74分OUT)
ボランチでコンビを組んだ扇原と同じく、ボールを前に運べず。不用意なパスミスでピンチを招くなど、悪い点が目立った。

10 マルコス・ジュニオール 5.5(63分OUT)
相手のマークが厳しく、自由を与えてもらえなかった印象。なかなかボールが収まらず、途中交代でピッチを去った。
 
FW
23 仲川輝人 6(74分OUT)
ゴール前への折り返しは味方に合わないことの方が多かったが、積極的に右サイドを駆け上がった。前線からの守備も効いていた。

9 レオ・セアラ 6(63分OUT)
得点こそなかったが、中盤の位置におりてのポストプレーが光った。相手2人を背負っても倒れないキープ力は圧巻だった。

MAN OF THE MATCH
38 前田大然 7
前半から何度もゴール前へ飛び込み、相手の脅威に。88分には天野のクロスに飛び込んで値千金の決勝弾。得点ランクトップを走る男がこの日のヒーローとなった。攻守にわたるハードワークにも拍手を送りたい。
 
交代出場
MF
19 實藤友紀 6(HT IN)
扇原に代わって入り、最終ラインの一角を務めた。突破を許してしまうシーンもあったが、最後の局面では身体を張って守り切った。

MF
14 天野 純 6(63分IN)
88分、正確なパスで前田の決勝ゴールをお膳立て。スーパーサブとしての起用にしっかりと結果で応えてみせた。

FW
7 エウベル 6(63分IN)
左サイドからの相手の意表を突くクロスで杉本の同点弾をアシスト。ポジショニングの良さも光り、ゲームの流れを変えた。

FW
18 水沼宏太 6(74分IN)
投入直後から何度もクロスボールを配球し、チャンスを演出。相手守備陣を翻弄した。

FW
41 杉本健勇 6.5(74分IN)
84分、エウベルのアーリークロスに飛び込み、ヘディングで同点弾をゲット。チームにさらなる勢いをもたらした。

監督
ケヴィン・マスカット 6.5
後半に切った交代カードの天野、杉本、エウベル、水沼がチームに勢いをもたらすハイパフォーマンス。采配がズバリ的中した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【J1第32節PHOTO】横浜2-1札幌|終盤の4分間で逆転!約1か月半ぶりの日産スタジアムで横浜が劇的勝利!」

【サポーターPHOTO】日産スタジアムに駆けつけた横浜・札幌サポーター!

【PHOTO】劇的ゴールゲット!チームを勝利へと導いた前田大然を特集!

【ハイライト動画】横浜が執念の逆転勝利! 終盤の4分間で2ゴールを奪い札幌を下す

【PHOTO】終盤猛攻で劇的逆転勝利!笑顔咲く横浜F・マリノスイレブン!
 
【チーム採点・寸評】
札幌 5.5
「決定機を決め切らないといけない。それが敗因だった」という指揮官の言葉がすべて。前半の先制点を守り切ることができず、勝点3を失った。

【札幌|採点・寸評】
GK
1 菅野孝憲 5.5
前半から相手のシュートを冷静に処理。しかし、終盤の2失点は評価を下げざるを得ない。

DF
2 田中駿汰 5.5
安定したカバーリング力で、途中までは無失点に抑えていた。しかし、杉本に競り負け同点とされたシーンは痛恨だった。

6 高嶺朋樹 6
センターバックの一角で、無難に守備をこなす。10分、相手の背後に抜け出た小柏へのロングパスなど、キックの精度も高かった。

5 福森晃斗 6
怪我から6試合ぶりの復帰。積極果敢な攻撃参加を見せ、広範囲に顔を出してボールを受けるなど、存在感を示した。
 
MF
7 ルーカス・フェルナンデス ―(7分OUT)
開始わずか7分に顔面を地面に打ちつけ、無念の途中交代。指揮官も「彼の負傷は痛いところ。計算外だった」と肩を落とした。

14 駒井善成 6
長短のパスを使い分け、攻撃にリズムを生む。キレのある仕掛けでも違いを見せつけた。

27 荒野拓馬 6(69分OUT)
最終ラインにおりてボールを受け、ビルドアップの起点となった。正確なサイドチェンジでも攻撃に変化を加えた。

9 金子拓郎 6(79分OUT)
攻守にわたって上下動を繰り返し、最後は疲れが出たか、途中交代となった。積極的な仕掛けから、効果的なアーリークロスを上げた。
 
MF
4 菅 大輝 6.5
24分にペナルティエリア手前の左から強烈なシュートを叩き込み、先制点を奪った。最後まで運動量が落ちず、左サイドの突破も光った。

18 チャナティップ 6(69分OUT)
55分、荒野のクロスにボレーで合わせた決定機は決めたかった。ただ、持ち味の粘り強いボールキープは健在だった。

FW
35 小柏 剛 5.5(79分OUT)
見事な動き出しから何度も相手の背後に抜け出すも、決め切れず。ボールロストからピンチを招く場面も。
 
交代出場
MF
28 青木亮太 5.5(7分IN)
L・フェルナンデスの負傷で急きょ出場した。39分にゴールネットを揺らすもオフサイドの判定に。後半は疲れも見えた。

DF
3 柳 貴博 5.5(69分IN)
守備要因で投入も、デュエルに負ける場面もあり、無失点で終えるという仕事を完遂することはできず。

FW
33 ドウグラス・オリヴェイラ 5(69分IN)
追加点を期待しての投入も、最後まで自身の価値を証明することはできなかった。

FW
32 ミラン・トゥチッチ ―(79分IN)
前線からプレスに走ることもせず、棒立ち状態に。攻撃でも相手の脅威とはなり得なかった。

FW
48 ジェイ ―(79分IN)
目立った活躍はなく、シュートは0本に終わった。

監督
ペトロヴィッチ 5.5
追加点を狙い、79分にトゥチッチとジェイを投入も、この選択が逆に相手に流れを渡す結果に。前半はペースを握っていただけに、悔しい敗戦となった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【J1第32節PHOTO】横浜2-1札幌|終盤の4分間で逆転!約1か月半ぶりの日産スタジアムで横浜が劇的勝利!」

【サポーターPHOTO】日産スタジアムに駆けつけた横浜・札幌サポーター!

【PHOTO】劇的ゴールゲット!チームを勝利へと導いた前田大然を特集!

【PHOTO】終盤猛攻で劇的逆転勝利!笑顔咲く横浜F・マリノスイレブン!

【ハイライト動画】横浜が執念の逆転勝利! 終盤の4分間で2ゴールを奪い札幌を下す