キリンチャレンジカップ2019が19日に行われ、日本代表はベネズエラ代表に1−4で敗れた。日本は試合の立ち上がり8分に先制点を許すと、30分、33分、38分に立て続けに失点し守備が崩壊。相手の流れを食い止めることが出来ず、前半だけで4失点を喫した。


 約2年ぶりに先発出場した浅野拓磨は試合後、「試合前に話していたコンセプトや2トップから限定してプレスをかけていくところを固く意識しすぎたのかなと思う。ゲーム前のチームのイメージの共有が逆に裏目に出てしまって、失点してからのプレーをもっと考えるべきだった」と振り返り、失点後のピッチでの対応力を課題に挙げた。


「最初はそういうコンセプトで行くのは当たり前だけど、それがはまらないと感じた時にどうすればよかったのか。そこでコミュニケーション取り合いながら、全員がイメージ共有していることを一気にひっくり返すことは難しい。今日の前半は0−4まで行ったので、そこまで行く前に何か変えたいと思いますけど、そこはこれからもずっと課題であって、ちょっとずつ合わせていけるようなチーム作りをしていかないといけないと思う」


 日本は後半から反撃に転じたが、ハーフタイムには森保一監督から発破をかけられたという。浅野は、「もっと個のところで行くところは行けと強く言ったので、チームの雰囲気は締まった感じはありました」と明かした。


 さらに、サンフレッチェ時代の恩師でもある指揮官について「森保さんは特に今までと変わらない、雰囲気とかもそうですし。僕自身、広島でやってきているので、そのときの森保さんも知っています。常に緊張感は感じているけど、それが代表でパッと集まったとき、どれだけチームとして強く緊張感を持って、強い気持ちを持ってやれるかはそう簡単ではないので、それをハーフタイムで締めてくれたのはよかったと思います」と語った。