リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、2019年のバロンドールはオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが受賞するべきだと語った。24日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。


 バロンドールはフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催し、記者の投票によって年間の最優秀選手が決められる。昨季チャンピオンズリーグを制したリヴァプールからは、ファン・ダイクに加え、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー・アーノルド、ブラジル代表GKアリソン、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネ、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムら7名が受賞候補30選手にノミネートされている。


 クロップ監督はその中でもDFとして史上初めて2018−19シーズンのUEFA男子最優秀選手賞を受賞しているファン・ダイクが、2019年のバロンドール受賞に値すると考えていることを明かした。


「もし、バロンドールがこの時代で最高の選手に贈られるものならば、それはいつもリオネル・メッシが受賞するべきものだ。でも、昨シーズンの最優秀選手に贈られるものであるならば、それはファン・ダイクだよ。どのような結果になるかはわからないけど、私はそう考えているよ」


 なお、バロンドールの授賞式は12月2日に行われる予定となっている。