バイエルンに所属するフランス代表FWキングスレイ・コマンが、クラブへの愛を語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が2日に伝えている。


 コマンは1996年生まれの23歳。パリ・サンジェルマンでプロデビューを果たすと、ユヴェントスを経て、2015年夏にバイエルンへ加入した。同クラブでは度重なる負傷に苦しめられているが、忠誠を誓っているようだ。


 コマンとバイエルンの現行契約は2023年までとなっている。コマンは契約について、「僕がこれからも長い間、バイエルンに残ることは確かだ」とコメント。12シーズンもバイエルンに在籍した元フランス代表FWフランク・リベリーを引き合いに出し、「12年間、このクラブに残ることも想像できる。フランクのようにね」と長期契約を結ぶ可能性も示唆した。


 また、「この街は素晴らしい。このクラブはとても良い感じだし、タイトルも獲得している。足りないのはチャンピオンズリーグ(CL)だけだね」とコメント。バイエルンでビッグイヤーを掲げることを望んでいる様子だ。