ボーンマスは6日、昨年11月のトッテナム戦で人種差別的なチャントを歌った17歳のファンに対する処分について声明を発表した。


 差別的チャントを歌ったとされる17歳のファンは6日の裁判で事実を認め、裁判所は同ファンに3年間のスタジアム入場禁止と計71ポンド(約1万円)の処分を決定した。ボーンマスは声明で「裁判所の決定を歓迎する」とした上で、裁判所の決定に加えて(クラブは同ファンをサポーターと認めないとしているが)クラブ独自で同ファンの永久的なスタジアムの入場禁止も発表している。


「人種差別は社会のいかなる場所にも居場所はなく、私たちのクラブやファンにおいてもそのような行動は絶対的にあってはならない」


「ボーンマスは全ての人にとって包括的で快適な環境を作るために努力しており、この人物の行動に嫌悪と怒りを感じている」