アヤックスに所属するカメルーン代表GKアンドレ・オナナは、今夏に国外移籍する可能性があるという。8日のイギリス紙『デイリーメール」が報じている。


 オナナに対しては、チェルシーとトッテナムが興味を示しているとのこと。そして、オナナ自身もプレミアリーグへの移籍を希望していることから、この2クラブのどちらかへの移籍の可能性が高いと同紙は伝えている、


 チェルシーは低評価を受けている正守護神のスペイン代表GKケパ・アリサバラガの代役を探しており、オナナの獲得へ動き出す可能性が高いと同紙は予測している。


 またトッテナムは、ベテラン守護神のフランス代表GKウーゴ・ロリスの将来的な代役を探しており、オナナ獲得を希望する可能性があると同紙は予測している。