マンチェスター・Cのグアルディオラ監督が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて語った。7日付けでスペイン紙『アス』が報じている。


 共に監督と選手としてバルセロナで戦い、ヨーロッパのサッカー界を席巻していたグアルディオラ監督とメッシ。同選手は今月、バルセロナの監督交代に伴い、クラブのOBであり現在はスポーツディレクターを務めるエリック・アビダル氏とSNS上で衝突。現地では退団する可能性が報じられ、恩師が率いるマンチェスター・Cが接触する可能性も伝えられていた。


 しかしグアルディオラ監督は、メッシが『カンプ・ノウ』でキャリアを終えて欲しいと考えているようだ。以下のように語っている。


「メッシはバルセロナの選手だ。彼はそこに留まるだろう。そしてそれが、私の願いでもある」


「他のクラブの選手について詳しく話すつもりはないよ。彼はバルセロナでキャリアを終える。私はそう思っているんだ」