アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは今シーズン終了後に同クラブから放出される可能性があるという。8日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。


 アーセナルのミケル・アルテタ監督はスカッドの刷新を計画しており、今夏に主力選手の放出を検討していると同紙は伝えている。


 オーバメヤンは中心選手として今シーズンこれまで公式戦27試合に出場して16得点を記録。しかし、同選手とアーセナルの契約が満了まで1年を切った中、いまだに両者が契約延長で合意に至っていないことで今夏の放出の可能性があると同紙は予測している。


 また、オーバメヤンに対してはバルセロナが獲得を検討しており、今夏に移籍の可能性があるとも同紙は伝えている。