スペイン紙『アス』が、サッカー選手のスプリントの最高時速ランキングを発表した。


 トップ10に意外な人物が名を連ねる一方、スプリント力に定評のあるリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドはランキング外となった。


 10位は時速35.00キロのモハメド・サラー。9位は時速35.04キロのレロイ・サネ、8位に時速35.05キロのピエール・エメリク・オーバメヤンと、プレミアリーグ勢が続けてランクインした。7位にはアスレティック・ビルバオのイニャキ・ウィリアムス(35.07キロ)が入り、ここまでは僅差となっている。


 6位は外出禁止令を破ってセックスパーティーに参加したことで世間を騒がせたカイル・ウォーカーで、時速35.21キロ。これを0.06キロ上回ったのはメキシコ代表のユルゲン・ダムだ。彼は2015年に行われたFIFAの調査で俊足ランキング2位に入っている。4位には、そのダムをわずか0.01キロ上回る形で、レヴァークーゼンのカリム・ベララビがランク入りした。


 3位につけたのはキリアン・エンバペ。時速36.00キロで、10位のサラーよりも1キロ速い。2位にはラージョ・バジェカーノのルイス・アドビンクラが入り、その時速は36.15キロ。彼はそのスピードと外見から“ボルト”の愛称を持っている。


 これらの俊足プレーヤーたちを抑えてトップに立ったのは、ギャレス・ベイル。時速39.9キロで、2位以下を大きく引き離して堂々の1位に輝いた。


 ちなみに、陸上男子100メートルの世界記録保持者ウサイン・ボルト氏のトップスピードは時速44.6キロにもなるという。ボルト氏と比べるのはさすがに酷だが、サッカー選手としては十分なスピードを備えた彼らのパフォーマンスに、リーグ戦再開後はぜひ注目したいものだ。


◆最高時速ランキング

1位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/ウェールズ代表) 39.9キロ

2位 ルイス・アドビンクラ(ラージョ・バジェカーノ/ペルー代表) 36.15キロ

3位 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表) 36.00キロ

4位 カリム・ベララビ(レヴァークーゼン/ドイツ代表) 35.28キロ

5位 ユルゲン・ダム(UANLティグレス/メキシコ代表) 35.27キロ

6位 カイル・ウォーカー(マンチェスター・C/イングランド代表) 35.21キロ

7位 イニャキ・ウィリアムス(アスレティック・ビルバオ/スペイン代表) 35.07キロ

8位 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル/ガボン代表) 35.05キロ

9位 レロイ・サネ(マンチェスター・C/ドイツ代表) 35.04キロ

10位 モハメド・サラー(リヴァプール/エジプト代表) 35.00キロ