エヴァートンは22日、元オランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフと今シーズン終了(7月31日)までの短期契約を結んだことを発表した。併せて、同選手が契約満了後の8月1日にアヤックスへとフリートランスファーで移籍することも明らかにした。


 1982年9月22日生まれのステケレンブルフは、2001年にアヤックスでプロデビューを果たした。2011年夏にローマへ移籍するまで、アヤックスで公式戦通算282試合に出場した。同選手はその後、フルアムなどを経て、2016年からエヴァートンに加入。同クラブでは、ここまで公式戦通算26試合に出場している。今シーズンの出場はまだない。


 古巣復帰の決定に際し、ステケレンブルフはアヤックスのクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。


「すべてが始まったクラブであるアヤックスに帰ってくることができて、もちろん嬉しいよ。家族としても、今年はとにかくオランダに戻りたいと考えていたんだ。私が望んだのはたった一つのクラブだけだということは、マルク・オーフェルマルス(スポーツ・ディレクター)やエリック・テン・ハーグ監督との良い会話のなかでハッキリしたよ。本当に楽しみだ」