カターレ富山は23日、魚津市内でのゲーム関連産業の誘致及び雇用創出を目指す「つくるUOZUプロジェクト(新分野産業育成事業)」と協力し、ゲーム開発イベント「UOZUゲームジャム」をオンライン開催することを発表した。


 「UOZUゲームジャム」とは、カターレ富山からの仮想案件を題材に、オリジナルのゲームを開発する9日間のゲーム開発イベント。最終日の発表を目指し、初心者から経験者までが、楽しみながら協力してゲーム開発を行い、完成を目指していくという。参加費は無料で、対象者はゲーム開発に興味のある若者をメインターゲットとしているものの、誰でも参加できるようだ。


 開催期間や募集期間などは以下の通り。


■開催期間

2020年7月18日(土)〜26日(日)(9日間)

・スタートイベント7月18日(土)13:00開始予定

・中間報告会7月23日(木・祝)13:00 開始予定

・最終発表会7月26日(日)16:00開始予定

※3日ともWeb会議システム「Zoom」を用いて開催します。

※グランプリ受賞者には、実行委員会が用意する賞品とカターレ富山のグッズ等が贈られる予定です。


■参加者募集期間

2020年6月23日(火)〜7月17日(金)


■参加枠

1. 完全初心者枠(ゲーム開発未経験からゲーム完成を目指す枠)

2. 初心者アシスト枠(初心者をサポートしながらゲームの開発を目指す枠)

3. 個人・チーム参加枠

■制作枠

1. カターレ富山枠(カターレ富山から提示されたテーマに合わせたゲームを制作)

2. フリー枠(自身が作りたいゲームを制作)