ベガルタ仙台は26日、シマオ・マテの負傷についてクラブ公式サイト上で発表した。


 現在32歳のシマオ・マテは、モザンビーク出身。クルーベ・フェロヴィアリオ・デ・マプトでキャリアをスタートさせ、2007年からはパナシナイコス(ギリシャ)に活躍の場を移した。その後中国への移籍を経て2013年にレバンテ(スペイン)に加入した。2017年にアル・アハリに移籍すると、2019年からは仙台でプレーしている。


 仙台はマテの負傷を右ひざのじん帯損傷と発表。全治は約8週間の見込みとなっている。


【内容】

右ひざのじん帯損傷 ※正式名称:右ひざ内側側副靭帯損傷


【全治】

約8週の見込み(手術日より)