MF本田圭佑が所属するボタフォゴは9日、元コートジボワール代表FWサロモン・カルーの加入を発表した。ブラジルメディア『Globo Esporte』によると、1年契約を結ぶようだ。


 現在34歳のカルーは、2003年10月に当時MF小野伸二(現在FC琉球)が所属していたフェイエノールト(オランダ1部)で欧州デビューを果たし、2006年にチェルシーへ完全移籍した。チェルシーでは公式戦通算254試合に出場し、60得点44アシストを記録。2011−12シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝も経験した。


 カルーはその後、リール(フランス1部)を経て、2014年夏にヘルタ・ベルリンへ完全移籍。ヘルタではMF原口元気(現ハノーファー)やMF細貝萌(現バンコク・ユナイテッド)ともチームメイトだった。同選手は今夏、契約満了に伴いヘルタを退団した。


 コートジボワール代表としては97キャップ28得点を記録。本田とは2010年6月の親善試合(日本は0−2敗戦)と、2014年6月のFIFAワールドカップ ブラジル・グループステージ第1節(日本は1−2敗戦)の2度対戦した。


 ボタフォゴはカルー加入を発表する動画を公開。同選手は動画内で、「ボタフォゴの一員になることを誇らしく思っています。“Put fire”(※Bota fogoの英訳)」とコメントした。