チェルシーのフランク・ランパード監督は、0-3で敗戦したシェフィールド・ユナイテッド戦後に試合を振り返りコメントした。11日、イギリス紙『デイリー・メール』が報じている。


 11日、チェルシーはプレミアリーグ第35節のシェフィールド・U戦を戦った。現在3位につけ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得に近づくクラブだが、敵地で迎えたこの試合は前半に2失点を喫し、後半にも追加点を決められ計3失点。攻撃陣も一矢報いることができず、0-3の完敗という結果に終わった。


 この後試合を行うレスターとマンチェスター・ユナイテッドがともに勝利すれば、一気に5位に転落しCL出場圏から外れてしまう危機を迎え、ランパード監督は悔しさをにじませながらもこのようにコメントした。


「人は厳しい瞬間や厳しい試合からより多くのことを学ぶものだ。最も大事なのは団結することで、まだ涙を流す時ではない」


「(シェフィールド・Uは)私たちよりもフィジカル面、メンタル面で優れていたし、ボールを扱う部分もそうだった。彼らは私たちより強かったんだ。観衆がいないから選手の声がすべて聞こえる。でも私に聞こえたのはすべてシェフィールド・U側の声だった」


「私たちはこれが本来のパフォーマンスでないことを示し、4位以内で終えるために戦い続けなければならない。私たちが今季やってきたことのおかげで、まだそのレースの中にとどまることができている」


 チェルシーは次節、14日にすでに降格が決まったノリッジとホームで対戦する。