明治安田生命J2リーグ第11節が12日に各地で行われた。


 首位を走るV・ファーレン長崎は、ホームにザスパクサツ群馬を迎えた。30分に畑潤基のゴールで先手を取ると、41分には右サイドからのクロスボールを玉田圭司が押し込み、同選手の今季初ゴールで追加点を記録。86分には1点を返されるも、90分にはダメ押しの3点目を挙げた。長崎は前節の敗戦を引きずることなく勝利し、首位をキープした。


 前節長崎を破り、勢いに乗っている2位の徳島ヴォルティスは敵地でFC町田ゼルビアと対戦。雷雨の影響でキックオフ時間が30分繰り下げられた一戦では、26分に徳島が敵陣でのパスカットからショートカウンターを発動。2本のパスを繋ぎ、西谷和希が冷静なワンタッチシュートでネットを揺らした。試合はこのままタイムアップを迎え、徳島は3連勝を記録している。


 ジェフユナイテッド千葉と松本山雅FCの一戦では、佐藤寿人のゴールを含む3得点を奪った千葉が快勝。大宮アルディージャとジュビロ磐田の試合は、後半アディショナルタイムに磐田のルキアンがヘディングシュートを沈め、2−2で終わっている。


 第11節の試合結果、順位表、次節の対戦カードは以下の通り。


■試合結果

大宮 2−2 磐田

千葉 3−0 松本

新潟 2−1 山口

愛媛 0−1 山形

福岡 1−3 東京V

北九州 2−1 金沢

長崎 3−1 群馬

琉球 1−2 甲府

京都 2−2 水戸

栃木 2ー1 岡山

町田 0ー1 徳島


■順位表

1位 長崎 (勝ち点26/得失点差+8)

2位 徳島 (勝ち点22/得失点差+11)

3位 北九州 (勝ち点22/得失点差+9)

4位 大宮 (勝ち点20/得失点差+5)※1試合未消化

5位 京都 (勝ち点19/得失点差+5)

6位 新潟 (勝ち点18/得失点差+4)

7位 甲府 (勝ち点18/得失点差+2)

7位 磐田 (勝ち点18/得失点差+2)

9位 栃木 (勝ち点17/得失点差0)

10位 千葉 (勝ち点16/得失点差+6)

11位 福岡 (勝ち点15/得失点差−1)※1試合未消化

12位 東京V (勝ち点14/得失点差0)

13位 金沢 (勝ち点13/得失点差+2)

14位 水戸 (勝ち点13/得失点差0)

15位 町田 (勝ち点13/得失点差−3)

16位 岡山 (勝ち点12/得失点差−2)

17位 山形 (勝ち点11/得失点差−3)

18位 琉球 (勝ち点10/得失点差−9)

19位 松本 (勝ち点9/得失点差−6)

20位 愛媛 (勝ち点8/得失点差−4)

21位 山口 (勝ち点8/得失点差−9)

22位 群馬 (勝ち点6/得失点差−17)


■第12節対戦カード

▼15日

18:00 松本 vs 福岡

19:00 岡山 vs 新潟

19:00 北九州 vs 町田


▼16日

18:00 山形 vs 長崎

18:00 栃木 vs 愛媛

18:00 甲府 vs 徳島

19:00 水戸 vs 東京V

19:00 群馬 vs 琉球

19:00 金沢 vs 京都

19:00 磐田 vs 千葉

19:00 山口 vs 大宮