バルセロナOBで元スペイン代表DFのカルレス・プジョル氏は、25日に自身のTwitterを更新。バルセロナ退団を希望しているとされるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに言及した。


 チャンピオンズリーグ準々決勝のバイエルン戦での大敗後、かねてよりクラブへの不信感を募らせていたメッシのバルセロナ退団報道が加熱。新指揮官となったロナルド・クーマン監督はメッシの残留を望んでいるものの、25日にはついに選手側がクラブへ退団の意思を表明する事態となった。


 サッカー史に残るスーパースターがクラブ退団に近づく現状に、バルセロナでメッシとともに活躍を見せたプジョル氏も反応。自身のTwitterを更新し、退団を望むメッシを支持するコメントを発信した。


「レオに尊敬と称賛を。友よ、私はすべてをサポートする」


 またこのツイートには、同じくクラブからの退団が噂されるウルグアイ代表FWルイス・スアレスもリアクション。拍手の絵文字を2つ並べ、プジョル氏のコメントに好意的な反応を示している。