ウルグアイ1部のペニャロールは31日、ディエゴ・フォルラン氏の監督退任を発表した。なお、後任は元ウルグアイ代表MFのマリオ・サラレギ氏に決定している。


 現役時代、ビジャレアルやアトレティコ・マドリード、インテル、マンチェスター・U、セレッソ大阪などでプレーした元ウルグアイ代表FWのフォルラン氏は現在41歳。昨年12月20日、ウルグアイ1部リーグで最多の50回優勝を誇るペニャロールの監督に就任した。


 フォルラン監督は初陣となった2020シーズンのウルグアイ・プリメーラ・ディビシオン開幕節セロ戦こそ2−1の勝利を収めが、その後の4試合は1勝1分2敗と苦戦。新型コロナウイルス感染拡大によるリーグ戦再開後も結果は上向かず、6試合で2勝2分2敗。チームは現在リーグ戦で7位に位置している。成績不振を受け、ペニャロールはフォルラン監督の解任を決断。8カ月の在任期間中、公式戦の指揮はわずか11試合に留まった。