レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのバルセロナ残留を望んでいるようだ。2日、スペイン紙『アス』が伝えている。


 メッシは先日、下部組織時代から過ごしてきたバルセロナに対し、退団希望を通達したことにより、スペイン国外への移籍が噂されている。この報道にレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは「彼には自分の将来を自身で決める権利があるが、これが最善の方法であるかは分からない。スペインサッカーにとっても、バルセロナにとっても、我々にとっても、彼には残留して欲しい」と語るなど、メッシのバルセロナ残留を望んでいることを明かしていた。


 S・ラモスと同じく長年レアル・マドリードとバルセロナによる“エル・クラシコ”でメッシと対戦してきたクロースは、「メッシは世界中のすべてのクラブから興味を持たれる選手だ」と同選手の退団がリーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)にとって悪いことだと強調した。


「退団してしまえば、ラ・リーガ、特にバルセロナにとって悪いことだ。レアル・マドリードの選手である僕にとっては、もちろんそれは少し意味が違う。仮にメッシが退団したとしても、レアル・マドリードが自動的にすべてを勝ち取るという意味にはならない」