欧州サッカー連盟(UEFA)は2日、2019−20シーズンの女子チャンピオンズリーグ(CL)におけるスカッド・オブ・ザ・シーズンを発表した。


 UEFAはテクニカルオブザーバーが女子CLから23名のオールスタースカッドを選出したと発表。決勝でヴォルフスブルクを下し5連覇を達成したリヨンからは最多の8名が選ばれ、女子日本代表DF熊谷紗希も名を連ねている。


 UEFAが発表したスカッドは以下の通り。


GK

サラ・ブアディ(リヨン)

クリスティアン・エンドラー(パリ・サンジェルマン)

サンドラ・パニョス(バルセロナ)


DF

ルーシー・ブロンズ(リヨン)

パウリナ・ドゥデク(パリ・サンジェルマン)

カトリン・ヘンドリッヒ(ヴォルフスブルク)

ドミニク・ヤンセン(ヴォルフスブルク)

サキナ・キャシャウィ(リヨン)

ワンディ・ルナール(リヨン)


MF

イングリッド・エンゲン(ヴォルフスブルク)

キーラ・アムラウィ(バルセロナ)

スべニャ・フート(ヴォルフスブルク)

熊谷紗希(リヨン)

キム・リトル(アーセナル)

アメル・マイリ(リヨン)

ジェニファー・マロジャン(リヨン)

アレクサンドラ・ポップ(ヴォルフスブルク)


FW

デルフィーヌ・カスカリーノ(リヨン)

カディディアトゥ・ディアニ(パリ・サンジェルマン)

キャロライン・グラハム・ハンセン(バルセロナ)

ジェニフェル・エルモソ(バルセロナ)

ペルニレ・ハルダー(ヴォルフスブルク)

マリー・アントワネット・カトト(パリ・サンジェルマン)