アジアサッカー連盟(AFC)は10日、 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)など主催する複数大会の大会日程の変更及び中止を発表した。


 横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸が参加しているACL東地区は、11月15日〜12月13日に日程が変更された。なお、ACLの決勝戦は西地区で12月19日に行われる。


 日本代表が参戦するAFC U−16選手権バーレーン2020とAFC U−19選手権ウズベキスタン2020は、2021年初旬の開催に変更。フットサルの日本代表が参戦するAFCフットサル選手権トルクメニスタン2020は12月2日〜同13日に変更された。


 また、アラブ首長国連邦で行われる予定だったAFCフットサルクラブ選手権2020は開催中止が決定した。