DFBポカール1回戦が14日に行われ、ドルトムントは3部のデュイスブルクと対戦した。


 ドルトムントは14分、相手のハンドを誘いPKを獲得。ジェイドン・サンチョがGKの逆を突いて決めてドルトムントが先制に成功した。


 続く30分には今季から10番を背負うトルガン・アザールのヒールでの落としに、17歳のジュード・ベリンガムが右足で合わせて追加点。今夏バーミンガムから移籍してきた若手がドルトムントでの公式戦初ゴールを挙げた。


 デュイスブルクは38分、ドミニク・フォルクマーがアーリング・ハーランドの突破をエリア付近で後ろからスライディングで止めてレッドカード。2点ビハインドのデュイスブルクはセンターバックの一発退場で数的不利を強いられることとなった。ドルトムントはその位置で獲得したフリーキックからアザールが左隅に直接決めて3点目を挙げ、3点差で前半を終えた。


 さらに50分、ドルトムントは17歳のジョバンニ・レイナのフリーキックが味方に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれる。58分にはフリーキックのチャンスからマルコ・ロイスがフリーで相手DFの裏に抜け出してとどめの5点目を突き刺した。


 試合は5−0で終了し、ドルトムントはシーズン初戦を快勝で飾りポカール2回戦に駒を進めた。この試合では得点した17歳のベリンガムやレイナ、20歳のサンチョ、同じく20歳のハーランドなどが存在感を発揮し若手の活躍が見られた。


【スコア】

デュイスブルク 0−5 ドルトムント


【得点者】

14分 0−1 ジェイドン・サンチョ(PK/ドルトムント)

30分 0−2 ジュード・ベリンガム(ドルトムント)

39分 0−3 トルガン・アザール(ドルトムント)

50分 0−4 ジョバンニ・レイナ(ドルトムント)

58分 0−5 マルコ・ロイス(ドルトムント)