イタリア紙『Tuttosport』は15日、2020年の「ゴールデンボーイ賞」候補40名を発表した。


 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス)らが受賞。昨年は、アトレティコ・マドリードに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが受賞した。


 2020年の候補100名には、レアル・マドリードからビジャレアルにレンタル移籍しているMF久保建英と、AZのDF菅原由勢も選出されていた。だが、菅原は候補80名に絞られた時点で落選。久保は前回の候補60名に名を連ねていたが、40名には惜しくも入らなかった。


 候補40名には、欧州王者バイエルンのカナダ代表MFアルフォンソ・デイヴィス、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョやノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティなどが選ばれた。


 ノミネートされた40名は以下の通り。※()内は右からポジション/国籍/所属クラブ


マーリー・アケ(FW/フランス/マルセイユ)

アディル・アウシシュ(MF/フランス/サンテティエンヌ)

ブノワ・バディアシル(DF/フランス/モナコ)

ミッチェル・バッカー(DF/オランダ/PSG)

マイロン・ボアドゥ(FW/オランダ/AZ)

デニース・ボルコフスキー(FW/ドイツ/ライプツィヒ)

エドゥアルド・カマヴィンガ(MF/フランス/レンヌ)

マルコ・カルネセッキ(GK/イタリア/アタランタ)

ラヤン・シェルキ(FW/フランス/リヨン)

ジョナサン・デイヴィッド(FW/カナダ/リール)


アルフォンソ・デイヴィス(MF/カナダ/バイエルン)

セルジーニョ・デスト(DF/アメリカ/アヤックス)

セバスティアーノ・エスポージト(FW/イタリア/インテル)

ファビオ・シルヴァ(FW/ポルトガル/ウォルヴァーハンプトン)

アンス・ファティ(FW/スペイン/バルセロナ)

フィル・フォーデン(MF/イングランド/マンチェスター・C)

アミーヌ・グイリ(FW/アルジェリア/ニース)

ライアン・フラーフェンヘルフ(MF/オランダ/アヤックス)

メイソン・グリーンウッド(FW/イングランド/マンチェスター・U)

アーリング・ハーランド(FW/ノルウェー/ドルトムント)


カラム・ハドソン・オドイ(FW/イングランド/チェルシー)

モハメド・アミン・イハッターレン(MF/オランダ/PSV)

オザン・カバク(DF/トルコ/シャルケ)

ミハエル・カルボニック(DF/ポーランド/レギア・ワルシャワ)

ニアンゾー・タンギー・クアッシ(DF/フランス/バイエルン)

デヤン・クルゼフスキ(MF/スウェーデン/ユヴェントス)

マルコス・アントニオ(MF/ブラジル/シャフタール)

ラファエル・カマーチョ(FW/ポルトガル/スポルティング)

ロドリゴ(FW/ブラジル/レアル・マドリード)

ブカヨ・サカ(MF/イングランド/アーセナル)


ジェイドン・サンチョ(FW/イングランド/ドルトムント)

ヴラディスラヴ・スプリアハ(FW/ウクライナ/ディナモ・キエフ)

ドミニク・ショボスライ(MF/ハンガリー/ザルツブルク)

トマス・エステヴェス(DF/ポルトガル/ポルト)

トマス・タバレス(DF/ポルトガル/ベンフィカ)

サンドロ・トナーリ(MF/イタリア/ミラン)

フェラン・トーレス(FW/スペイン/マンチェスター・C)

クリストス・ツォリス(FW/ギリシャ/PAOK)

ヴィニシウス・ジュニオール(FW/ブラジル/レアル・マドリード)

ネコ・ウィリアムズ(DF/ウェールズ/リヴァプール)