FW伊東純也が所属するヘンクは15日、ハネス・ヴォルフ監督の解任をクラブ公式サイトで発表した。


 ヘンクは前日の14日にジュピラー・プロ・リーグ第5節でFW鈴木武蔵が所属する昇格組のベールスホットに5−2で敗れて、4試合未勝利(2分2敗)となった。その翌日、クラブ経営陣は「状況を好転させるために“リセット”が必要」として指揮官の解任に踏み切った。


 後任は未定で、クラブは「時間をかけて再び闘志あるチームにしてくれる監督を探します」とコメント。新監督就任までは、アシスタントコーチのドメニコ・オリヴィエリ氏が暫定的に指揮をとるという。

 

 現在39歳のヴォルフ監督は2019年11月にヘンクの指揮官に就任。これまで公式戦22試合で指揮をとり、成績は8勝4分け10敗。今シーズンは開幕戦で勝利したものの、その後は4試合未勝利で14位に沈んでいる。