バルセロナのロナルド・クーマン監督が、獲得が噂されるリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイについて語った。16日付けでスペイン紙『アス』が報じている。


 先月バルセロナの新たな指揮官に就任したクーマン監督は、直前までオランダ代表の監督を務めていたこともありデパイの獲得を希望しているとされる。そんな中、取材に応じた同監督は今後の補強について「デパイの獲得?バルセロナは今、選手を獲得できる状況にはない。彼を迎え入れるためには、まず選手を放出する必要があるだろう」とコメント。新型コロナウイルスの影響もあり、選手を獲得する余裕がないと主張した。


 また同監督は、プレシーズンの親善試合で活躍を見せているFWリオネル・メッシについても言及。一時はバルセロナへ退団の希望も表明していた同選手だったが「あれから私はメッシと話し合った。これから我々は共にクラブのために協力し続けていくつもりだ」と語り、その関係性に問題がないことを示唆した。