2020−21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージに出場する32チームが出そろった。


 CL予選プレーオフが9月29日〜30日かけて行われ、本戦に出場する残りの6チームが決定。MF奥川雅也が所属するザルツブルクは2年連続の本選出場を果たし、ハンガリーのフェレンツヴァーロシュは25シーズンぶりの出場を決めた。


 日本人選手所属クラブでは、ザルツブルクに加え、FW南野拓実が所属するリヴァプール、FW中島翔哉が所属するポルト、DF長友佑都とDF酒井宏樹が所属するマルセイユが出場する。


 グループステージの組み合わせ抽選会は10月1日に開催。グループステージ第1節は10月20、21日に行われる。


■20−21シーズンのCLグループステージ出場クラブ

▼ポット1

バイエルン(ドイツ/昨季CL王者)

セビージャ(スペイン/昨季EL王者)

レアル・マドリード(スペイン)

リヴァプール(イングランド)

ユヴェントス(イタリア)

パリ・サンジェルマン(フランス)

ゼニト(ロシア)

ポルト(ポルトガル)


▼ポット2

バルセロナ(スペイン)

アトレティコ・マドリード(スペイン)

マンチェスター・C(イングランド)

マンチェスター・U(イングランド)

シャフタール(ウクライナ)

ドルトムント(ドイツ)

チェルシー(イングランド)

アヤックス(オランダ)


▼ポット3

ディナモ・キエフ(ウクライナ)

ザルツブルク(オーストリア)

ライプツィヒ(ドイツ)

インテル(イタリア)

オリンピアコス(ギリシャ)

ラツィオ(イタリア)

クラスノダール(ロシア)

アタランタ(イタリア)


▼ポット4

ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

マルセイユ(フランス)

クラブ・ブルージュ(ベルギー)

ボルシアMG(ドイツ)

バシャクシェヒル(トルコ)

ミッティラン(デンマーク)

レンヌ(フランス)

フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)