UEFA(欧州サッカー連盟)は10月1日、2019−20シーズンのUEFA男子最優秀選手賞を発表し、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが受賞した。


 2014年からバイエルンに所属するレヴァンドフスキは2019−2020シーズン、公式戦47試合に出場して55得点10アシストを記録。2012−2013シーズン以来、7シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)、DFBポカール、ブンデスリーガの3冠達成に大きく貢献した。


 最終候補3名にはレヴァンドフスキの他、同クラブに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアー、マンチェスター・Cに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが選ばれていた。


 また、UEFAはポジション別の最優秀選手も表彰。GK部門ではノイアーが、DF部門ではバイエルンに所属するドイツ代表DFジョシュア・キミッヒが、MF部門ではデ・ブライネが、FW部門ではレヴァンドフスキが選ばれた。


▼歴代受賞者

10−11 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)

11−12 アンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)

12−13 フランク・リベリー(フランス/バイエルン)

13−14 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)

14−15 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)

15−16 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)

16−17 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)

17−18 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)

18−19 フィルジル・ファン・ダイク(オランダ/リヴァプール)

19−20 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)