パリ・サンジェルマン(PSG)はリヨンに所属するフランス代表MFフセム・アワールの獲得に関心を示している。1日にフランス紙『レキップ』が報じた。


 アワールは今夏の移籍市場でリヨンを退団し、他クラブへのステップアップを果たすとの報道が相次いでいた。中でも、アーセナルへの移籍が濃厚であると伝えられており、加入に向けた交渉も行われていた模様だ。


 しかし、同紙によるとアーセナルとの交渉は破談に終わってしまったという。これを受け、フランス王者であるPSGがアワールの獲得に乗り込むようだ。果たして今夏の移籍市場で、同選手の念願のステップアップは実現するのであろうか。