スペイン代表DFセルヒオ・ラモスはカディス戦で負傷交代していたものの、通常通りクラブの全体練習に参加したようだ。19日、スペイン紙『アス』が報じている。


 17日、レアル・マドリードはリーガ・エスパニョーラ第6節でカディスと対戦し、先発出場したS・ラモスは負傷交代。21日に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ開幕節のシャフタール戦、さらには24日に開催される敵地でのバルセロナ戦、“エル・クラシコ”への出場も危ぶまれていた。


 しかしS・ラモスは週明け、通常通り全体のトレーニングに参加したようだ。怪我は深刻なものでないとみられており、シャフタール戦、バルセロナ戦ともに出場できる可能性が高いとみられている。