バルセロナは20日、元スペイン代表DFジェラール・ピケ、ドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、フランス代表DFクレマン・ラングレ、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの4選手と契約を延長したことを発表した。


 現在33歳のピケは2024年まで契約を延長し、買取条項は5億ユーロ(約623.5億円)で、延長の条件は2021−22シーズンから一定数の試合に出場することとなっている。ピケは今季で13シーズン目。通算548試合に出場している。


 テア・シュテーゲンは現在28歳で、2025年まで契約延長。買取条項はピケと同じく5億ユーロとなっている。2014年夏にボルシアMGからバルセロナに加入した同選手は、同クラブで通算236試合に出場していて、2025年までの契約期間を全うすれば10年以上バルセロナでプレーすることになる。


 26歳のラングレは2026年まで契約を延長し、買取条項は3億ユーロ(約374億円)。2018−19シーズンからバルセロナでプレーする同選手はこれまで89試合に出場した。


 デ・ヨングはラングレと同じく2026年まで契約延長。昨シーズンからバルセロナでプレーする23歳の買取条項は4億ユーロ(約499億円)となっている。昨シーズンは公式戦47試合に出場し、同胞のロナルド・クーマン監督の指揮のもとで今シーズンはこれまで全試合に先発出場を果たしている。