ブンデスリーガ第5節が24日に行われ、ウニオン・ベルリンがホームにフライブルクを迎えた。ウニオン・ベルリンに所属している遠藤渓太はベンチからのスタートとなった。


 試合は序盤からホームのウニオン・ベルリンがペースを握り決定機をつくり出すも、先制点を奪うことはできない。すると34分、フライブルクはクリスティアン・ギュンターのパスからヴィンチェンツォ・グリフォがダイレクトで右足を振り抜く。狙い澄ました一撃がネットを揺らし、フライブルクが先手を取った。


 ホームで負けられないウニオン・ベルリンもすぐさま反撃に転じる。36分、ペナルティエリア手前でボールを持ったロベルト・アンドリッヒが右足で強烈な一撃を放つ。シュートは相手DFに当たってゴールに突き刺さり、即座にウニオン・ベルリンが試合を振り出しに戻した。前半はこのまま終了する。


 後半は一進一退の攻防が続くも、なかなか均衡は破れず。ホームのウニオン・ベルリンは71分に遠藤を投入するも、最後までゴールネットを揺らすことはできない。試合はこのまま1−1でタイムアップを迎えた。


 遠藤は3試合連続の途中出場を果たし、チームは2戦連続ドロー、直近4試合で負け無しとなっている。次節、ウニオン・ベルリンは11月2日に敵地でホッフェンハイムと、フライブルクは11月1日にホームでレヴァークーゼンと対戦する。


【スコア】

ウニオン・ベルリン 1−1 フライブルク


【得点者】

0−1 34分 ヴィンチェンツォ・グリフォ(フライブルク)

1−1 36分 ロベルト・アンドリッヒ(ウニオン・ベルリン)