一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)は20日、2021年4月に予定されている『さよなら私のクラマー』(原作:新川直司氏)の映画化ならびにTVアニメ化プロジェクトの後援を決定したと発表した。


 同アニメプロジェクトには、日本サッカー協会(JFA)および一般社団法人日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)も同じく後援として参加。「女子サッカーの未来を一緒に」をテーマに、様々なコラボレーション企画を展開していく。


 以下、リリースの通り。


■『さよなら私のクラマー』アニメプロジェクト概要

『映画さよなら私のクラマーファーストタッチ』

2021年4月全国ロードショー


TVアニメ『さよなら私のクラマー』

2021年4月放送開始


原作:新川直司

「さよならフットボール」(講談社KC刊)

「さよなら私のクラマー」(講談社『月刊少年マガジン』連載)


監督:宅野誠起

脚本:高橋ナツコ

キャラクターデザイン:伊藤依織子

音楽:横山克

アニメーション制作:ライデンフィルム

映画配給:東映


後援:公益財団法人日本サッカー協会

WEリーグ(一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ)

なでしこリーグ(一般社団法人日本女子サッカーリーグ)


■WEリーグ岡島喜久子チェア コメント

「これまでラブコールを送り続けていた『さよなら私のクラマー』への後援が決定し、ワクワクしています。WEリーグが開幕する年に、女子サッカーを描いた素晴らしい漫画が映画化されTVアニメ化されるということでご縁を感じていました。原作中に、『女子サッカーに未来はあるのか?』というメッセージが登場しますが、私たちWEリーグはその問いに胸を張って『明るい未来が待っている』と答えられる環境を整えていきたいと思っています。今回のコラボレーションのテーマである『女子サッカーの未来を一緒に』は、WEリーグのコンセプト『みんな(WE)でつくる』にも通じています。今後、原作ファンの皆さんやサッカーファンの皆さんを楽しませるコラボレーション企画をお届けできればと思っています」