プレミアリーグ第9節が21日に行われ、トッテナムとマンチェスター・Cが対戦した。


 今季のプレミアリーグ第8節終了時点でいまだ1敗しかしていないチーム同士の対戦となった。マンチェスター・Cがトッテナムのホームに乗り込んだ。マンチェスター・Cのセルヒオ・アグエロ、ラヒーム・スターリングはベンチスタートとなった。トッテナムはステーフェン・ベルフワインが約1カ月ぶりの復帰を果たした。


 試合を動かしたのはトッテナムだった。5分、タンギ・エンドンベレから浮き球のスルーパスを受けたソン・フンミンが左足でゴール左に流し込んだ。一瞬の隙を逃さなかったトッテナムが先制に成功した。トッテナムは13分、カウンターから前線へロングボールをつなぎ、ソン・フンミンからの折り返しにハリー・ケインが合わせたが、オフサイドの判定となった。


 マンチェスター・Cは27分、右サイドをドリブルで仕掛けたリヤド・マフレズから中央を経由してペナルティエリア内左のガブリエル・ジェズスへボールを送る。ジェズスが落としたボールにアイメリク・ラポルテが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。しかし、ジェズスにハンドがあったため、得点は認められなかった。


 1点ビハインドで後半へ折り返したマンチェスター・Cは51分、ケヴィン・デ・ブライネがペナルティエリア手前から右足でシュートを放つが、ゴール右に外れる。65分、トッテナムがマンチェスター・Cを突き放す。カウンターを発動すると、相手陣地をドリブルで駆け上がったケインが途中出場のジオヴァニ・ロ・チェルソにスルーパス。これを左足で冷静に決め、リードを2点に広げた。ピッチ投入後30秒足らずでのゴールとなった。


 マンチェスター・Cは90分、デ・ブライネのクロスからエリック・ダイアーがヘディングで合わせるが、これはGKウーゴ・ロリスに阻まれた。試合はこのまま終了。トッテナムがマンチェスター・Cを下し、暫定首位に浮上した。マンチェスター・Cは今季、すべての公式戦で2敗目となった。


 次節、トッテナムは29日にアウェイでチェルシーと、マンチェスター・Cは28日にホームでバーンリーと対戦する。


【スコア】

トッテナム 2−0 マンチェスター・C


【得点者】

1−0 5分 ソン・フンミン(トッテナム)

2−0 65分 ジオヴァニ・ロ・チェルソ(トッテナム)