サウサンプトンは1月1日、同クラブに所属するスコットランド代表MFスチュアート・アームストロングとの契約を延長したことをクラブ公式サイトで発表した。


 新契約は2024年6月末までとなる。2018年夏からサウサンプトンでプレーするアームストロングは公式戦通算79試合に出場。今季は公式戦13試合に出場し、2得点2アシストを記録している。クラブを率いるラルフ・ハーゼンヒュットル監督は「このニュースをとてもうれしく思う。スチュアートは非常にスマートな選手で、我々のチームにとって重要な存在だ」と話し、新契約締結を喜んだ。


 アームストロングは契約延長に際し、以下のようにコメントしている。


「とてもうれしいよ。素晴らしいチームで僕たちはうまくやっているし、とてもポジティブだ。契約を延長し、将来もこのクラブの一員になれることは、とても幸せなことだ。素晴らしいクラブだし、ポジティブな雰囲気があり、良い方向に向かっている」


 現在28歳のアームストロングは2011年、母国のダンディー・Uでプロキャリアをスタートさせた。2015年にセルティックに加入し、公式戦144試合で28得点25アシストを記録。スコットランドリーグ4連覇に貢献した。その後、2018年にサウサンプトンに加入した。また、2017年3月にはスコットランド代表デビューを飾り、通算22試合に出場している。