ブンデスリーガ第15節が9日に行われ、MF遠藤渓太が所属する5位ウニオン・ベルリンは、ホームで6位ヴォルフスブルクと対戦した。前節出番のなかった遠藤は6試合連続のベンチスタートとなったが、今節も出場はなかった。


 試合は10分、ヴォルフスブルクが先制。左からのコーナーキックにレナト・シュテフェンが頭で合わせた。しかしウニオン・ベルリンは29分、ハイプレスから敵陣でボールを奪ってショートカウンターを展開すると、最後はシェラルド・ベッカーが右足で突き刺して同点に追いつく。試合はタイスコアで折り返した。


 50分、中央を割られたヴォルフスブルクは、マクシミリアン・アルノルトがゴール前でタイウォ・アウォニイを倒し、1発レッドカードで退場処分となった。エリア手前でフリーキックを獲得したウニオン・ベルリンは、キッカーのロベルト・アンドリッヒが直接沈めて逆転に成功した。


 数的不利でビハインド迎えたヴォルフスブルクは65分、相手のハンドでPKを獲得。キッカーのワウト・ウェクホルストはコースを読まれながらもゴール左下隅に流し込み、試合は振り出しに戻った。


 試合は引き分けのまま終わり、ウニオン・ベルリンは3試合ぶりのドローで2連勝ストップ、ヴォルフスブルクは5試合ぶり7回目のドローで2戦未勝利となった。次節、ウニオン・ベルリンは15日にホームでレヴァークーゼンと、ヴォルフスブルクは16日にホームでライプツィヒと対戦する。


【スコア】

ウニオン・ベルリン 2−2 ヴォルフスブルク


【得点者】

0−1 10分 レナト・シュテフェン(ヴォルフスブルク)

1−1 29分 シェラルド・ベッカー(ウニオン・ベルリン)

2−1 52分 ロベルト・アンドリッヒ(ウニオン・ベルリン)

2−2 65分 ワウト・ウェクホルスト(ヴォルフスブルク)